佐賀県唐津市の「唐津新聞社」より唐津ニュース速報!

官民総出でボランティア 町田川で一斉清掃活動 

 唐津市街地を流れ、県の「生活排水対策重点地域」に指定されている町田川で6月14日(金)、市職員や地域住民またボランティア団体などによる清掃活動が行われた。
 市民に河川浄化と環境美化の意識を高めてもらおうと、1984年から毎年実施(雨天時は中止)されている。
 町田川の河口から上流へ約2キロ、松浦川の約1キロ、および周辺道路3キロを清掃範囲とし、午後5時過ぎ頃から一斉に作業開始。
参加者たちは長靴を履いて川中を歩き、投げ捨てられた空き缶や木片などを次から次に拾い集めた。また、このほか、道路沿いの花壇の手入れも行われていた。
 一時間程の作業で可燃物や不燃物を回収。陶器のかけらやガラスの破片などが目立った。




■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

新聞折込広告集合チラシのお申込み・お問い合わせ
お気軽にお問い合わせ下さい

唐津の新鮮な情報満載!
びびっと!来たら、びびっと!いってみよう(^.^)/

源頼光が福岡市天神を巡行 ユネスコ遺産登録を祝い 

 昨年12月に「唐津くんちの曳山行事」など全国で18府県33件の「山・鉾・屋台行事」がユネスコ無形文化遺産に一括登録された。これを祝って九州5都市から山や鉾が福岡市天神(福岡市役所周辺)に集結し特別巡行を行った。巡行は5月13日と14日の2日間行われ、福岡市役所を2週まわり、それぞれの魅力や迫力をお披露目した。今回登録され集結したのは、唐津くんちの「酒呑童子と源頼光の兜」(米屋町)福岡県の「博多祇園山笠」「戸畑祇園大山笠」熊本県の「八代妙見祭」大分の「日田祇園」










■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

新聞折込広告集合チラシのお申込み・お問い合わせ
お気軽にお問い合わせ下さい

唐津の新鮮な情報満載!
びびっと!来たら、びびっと!いってみよう(^.^)/

真夏のドミノ合宿開催 

7月2日(日)8日(土)9日(日)の3日間に渡り真夏のドミノ合宿が開催された。唐津青年会議所が主催して行われ、唐津市内と玄海町在住の小学生79人が10班に分かれドミノ合宿に参加した。
2日のDAY1では親子で参加するオリエンテーションを行い積極的に会話をし、チーム内でのコミュニケーションを図った。
8日のDAY2では身近にある「感謝の気持ち」を考える徳育を学び、午後からは9日にするドミノ本番に向けての練習を行った。
本番のDAY3では、前日に決めた地元にちなんだ絵柄を制作した。朝から取り組み7時間をかけてドミノを並べた。
各チーム作戦をたて並べ始めたが、ペースが早いチームや途中でドミノを倒し呆然としているチームもありそれぞれの色がでた。
暑い中で集中が長時間続かなかったが諦めることなく一生懸命並べ続け、両親が見守る中前チームのドミノを倒した。
7時間もかけて並べたドミノが数分で倒れきる。しかし、10チーム見事な絵柄が現れた。
きつい困難に立ち向かい決して諦めたなかった子どもたちと成長を見守った両親。かけがえのないものを手にしたに違いない。
最後に両親に内緒で子どもたちが感謝の手紙を書き、プレゼントをして過酷なドミノ合宿は幕を閉じた。






■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

新聞折込広告集合チラシのお申込み・お問い合わせ
お気軽にお問い合わせ下さい


唐津の新鮮な情報満載!
びびっと!来たら、びびっと!いってみよう(^.^)/

「FMからつ」や「法人会」など総会相次ぐ 

 平成29年度に入り、各事業所や団体等の総会が各所で開催されている。
FMからつ(株)(森田淳社長)は5月24日、唐津法人青年部会(釘本真二部会長)は6月7日、唐津間税会青年部(平岡務部長)6月7日、鏡商工振興会(瀬戸恵司会長)は6月3日、唐津法人会(瀬戸伸雄会長)は5月25日にそれぞれ総会が行われ、各団体や企業が29年度をスタートしている。いずれも28年度の事業報告や決算、29年度の事業計画や予算などが審議され採決された。
なお人事案件で変動があったのは、唐津法人会青年部の新部長には松尾健悟氏(松尾精麦)が新たに就任した。










■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

新聞折込広告集合チラシのお申込み・お問い合わせ
お気軽にお問い合わせ下さい

唐津の新鮮な情報満載!
びびっと!来たら、びびっと!いってみよう(^.^)/

水上バイクの母船に 青バイ隊にレスキュー艇配備 

 海水浴や海のレジャーが盛んになる中、海の安全を守るために今年も青バイ隊が活躍する。その中、この度佐賀県水難救済会(会長・坂井俊之前唐津市長)が唐津市二多子のシーレスキュー救難所に新たにレスキュー艇を配備した。
 このレスキュー艇は、長さ9メートル、幅2.8メートル、重さ4.9トン。マイクやライトAEDなどを搭載している。
 現在所有している4台の水上バイクとの無線の中継点となり、幅広い警備地域で活躍する水上バイクの母船的役割を果たす。
この「唐津湾マリン青バイ隊」は、特定非営利活動法人唐津湾小型船安全協会(丹野寛親理事長)が海水浴はもちろん、プレジャーボート、水上バイクの安全運航や環境保全、水難救助を目的として発足。第7管区内に平成17年以降NPOや任意団体として複数が発足し活動している。
 今後は4台の水上バイクとレスキュー艇体制で金、土、日曜日に隊員が交代にてパトロールを行う予定。(10時~16時)警戒地域は浜崎海岸から相賀の浜までの5つの海水浴場が中心で広範囲となっている。
最近では消防署と合同で訓練も行われており、更に警備体制が強化されている。
 なお、唐津湾マリン青バイ隊の発足は県内では2番目で全国でも8番目の発足。







■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

新聞折込広告集合チラシのお申込み・お問い合わせ
お気軽にお問い合わせ下さい

唐津の新鮮な情報満載!
びびっと!来たら、びびっと!いってみよう(^.^)/