佐賀県唐津市の「唐津新聞社」より唐津ニュース速報!

-->

「FMからつ」や「法人会」など総会相次ぐ 

 平成29年度に入り、各事業所や団体等の総会が各所で開催されている。
FMからつ(株)(森田淳社長)は5月24日、唐津法人青年部会(釘本真二部会長)は6月7日、唐津間税会青年部(平岡務部長)6月7日、鏡商工振興会(瀬戸恵司会長)は6月3日、唐津法人会(瀬戸伸雄会長)は5月25日にそれぞれ総会が行われ、各団体や企業が29年度をスタートしている。いずれも28年度の事業報告や決算、29年度の事業計画や予算などが審議され採決された。
なお人事案件で変動があったのは、唐津法人会青年部の新部長には松尾健悟氏(松尾精麦)が新たに就任した。










■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

新聞折込広告集合チラシのお申込み・お問い合わせ
お気軽にお問い合わせ下さい

唐津の新鮮な情報満載!
びびっと!来たら、びびっと!いってみよう(^.^)/

水上バイクの母船に 青バイ隊にレスキュー艇配備 

 海水浴や海のレジャーが盛んになる中、海の安全を守るために今年も青バイ隊が活躍する。その中、この度佐賀県水難救済会(会長・坂井俊之前唐津市長)が唐津市二多子のシーレスキュー救難所に新たにレスキュー艇を配備した。
 このレスキュー艇は、長さ9メートル、幅2.8メートル、重さ4.9トン。マイクやライトAEDなどを搭載している。
 現在所有している4台の水上バイクとの無線の中継点となり、幅広い警備地域で活躍する水上バイクの母船的役割を果たす。
この「唐津湾マリン青バイ隊」は、特定非営利活動法人唐津湾小型船安全協会(丹野寛親理事長)が海水浴はもちろん、プレジャーボート、水上バイクの安全運航や環境保全、水難救助を目的として発足。第7管区内に平成17年以降NPOや任意団体として複数が発足し活動している。
 今後は4台の水上バイクとレスキュー艇体制で金、土、日曜日に隊員が交代にてパトロールを行う予定。(10時~16時)警戒地域は浜崎海岸から相賀の浜までの5つの海水浴場が中心で広範囲となっている。
最近では消防署と合同で訓練も行われており、更に警備体制が強化されている。
 なお、唐津湾マリン青バイ隊の発足は県内では2番目で全国でも8番目の発足。







■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

新聞折込広告集合チラシのお申込み・お問い合わせ
お気軽にお問い合わせ下さい

唐津の新鮮な情報満載!
びびっと!来たら、びびっと!いってみよう(^.^)/

平成29年度総会 城内観光商工振興会 

 平成29年度に入り、各事業所や団体等の総会が各所で開催されている。
その中団体では、5月18日に城内観光商工振興会(東島吉隆会長)が先日会館したばかりの旧大島邸(南城内)で総会を開いた。初めて旧大島邸に訪れた会員も多く、総会前に邸内を興味深く見学して回る姿も見られた。
 会議では28年度の事業報告や決算、29年度の事業計画や予算などが審議され可決された。
 また、総会後は長崎荘に場所を変え懇親会が行われ、各会員の相互親睦を行った。



■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

新聞折込広告集合チラシのお申込み・お問い合わせ
お気軽にお問い合わせ下さい

唐津の新鮮な情報満載!
びびっと!来たら、びびっと!いってみよう(^.^)/

青空の下で熱戦! 曳山十四ヶ町親睦スポーツ大会 

「第34回唐津神社旗争奪唐津曳山十四ヶ町親睦スポーツ大会」が5月21日、相知町天徳の丘運動公園のグランドで開催された。毎年競技種目は主管する当番町が決定するが、今年は当番町の新町によりソフトボールが選定され、好天のもと曳山を持つ十四ヶ町が熱戦を繰り広げた。決勝戦は、材木町が木綿町を破り見事優勝を飾った。
 結果は次の通り。
優勝「材木町」  準優勝「木綿町」  3位「大石町」







■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

新聞折込広告集合チラシのお申込み・お問い合わせ
お気軽にお問い合わせ下さい

唐津の新鮮な情報満載!
びびっと!来たら、びびっと!いってみよう(^.^)/

わんぱく相撲 

第21回わんぱく相撲唐松大会(唐津市相撲連盟、唐津青年会議所主催)が5月14日、唐津市体育の森公園相撲場で開かれた。
小学生力士が団体戦低学年の部と高学年の部、学年別個人戦に分かれて練習で培った想いをぶつけあった。
同大会の個人戦、4、5、6年生の部の優勝者は、7月両国国技館で開催される「わんぱく相撲全国大会」の切符を手にすることができる。
会場には多くの保護者も駆けつけ、子どもたちの取り組みに大きな声援を送っていた。
昨年から始まった第2回海浜館旗争奪県中学相撲選手権(県相撲連盟主催)も同時開催となった。
結果は以下の通り。

団体
低学年の部
 1位 佐志小学校A、2位 浜崎A、3位 佐志小学校B、青木道場
高学年の部
 1位 青木道場、2位 からつ相撲クラブA、3位 浜玉相撲クラブ、青木道場B

個人
1年の部
 1位 谷川 莉音(佐志小学校)、2位 満行 佑京(浜崎小学校)、3位 横山 詢(佐志小学校)、井手 虎之介(佐志小学校)
2学年の部
 1位 田中 康太郎(佐志小学校)、2位 前川 春乃(鎮西相撲クラブ)、3位 水田 真緒(西唐津小学校)、波多 海翔(西唐津小学校)
3学年の部
 1位 北方 慧次郎(佐志小学校)、2位 住吉 惺太(佐志小学校)3位 山崎 孝大(玉島小学校)、毛利 響(青木道場)
4学年の部
 1位 古川 裕(からつ相撲クラブ)、2位 園田 大空(青木道場)、3位 田中 大翔(伊万里)、山下 柊(鎮西相撲クラブ)
5学年の部
 1位 梅山 倖成(青木道場)、2位 佐伯 徒和(青木道場)、3位 片峰 弘翔(からつ相撲クラブ)、前川 卓斗(鎮西相撲クラブ)
6学年の部
 1位 楢崎 悠生(からつ相撲クラブ)、2位 吉田 ももか(青木道場)、3位 小柳 宏友(からつ相撲クラブ)、坂井 優介(鎮西相撲クラブ)








■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

新聞折込広告集合チラシのお申込み・お問い合わせ
お気軽にお問い合わせ下さい

唐津の新鮮な情報満載!
びびっと!来たら、びびっと!いってみよう(^.^)/

春季例大祭盛大に 唐津神社の春祭り賑わう 

 唐津神社の春季例大祭が4月29日開かれ、近くの市民会館前には唐津くんちの曳山14台も午前10時に勢ぞろいし、大勢の市民や観光客で賑わった。曳山は市民会館の駐車場に半円形に整列し、見物場所が広く設けられている。今年も朝から晴天に恵まれ、多くの観光客で賑わった。唐津神社で行われた神事には氏子や曳山関係者などが参列し、五穀豊穣などを祈願した。一方一般市民や観光客は、普段屋外ではなかなか拝見できない豪華絢爛な曳山の前で記念写真などを行っていた。
なおこの日は、唐津やきもん祭りも中心市街地で開催されており、今年も市外や県外の観光客の姿が目立っていた。




■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

新聞折込広告集合チラシのお申込み・お問い合わせ
お気軽にお問い合わせ下さい

唐津の新鮮な情報満載!
びびっと!来たら、びびっと!いってみよう(^.^)/

市内各所で桜が満開! 

鏡夜桜ライトアップ







鏡神社



駅南リバティ前



唐津市役所前



新興町



相賀



長谷



二の門堀(東城内)





虹の松原自動車学校



木綿町



■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

新聞折込広告集合チラシのお申込み・お問い合わせ
お気軽にお問い合わせ下さい

唐津の新鮮な情報満載!
びびっと!来たら、びびっと!いってみよう(^.^)/

樹齢100年 満開に 

 唐津市二タ子の衣干山さくら公園のヤマザクラがこの度満開となり、多くの見物客で賑っている。昨年県の名木・古木に登録されたこの衣干百年桜は樹齢およそ100年。幹回り3,8メートル、高さ10メートル。



■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

新聞折込広告集合チラシのお申込み・お問い合わせ
お気軽にお問い合わせ下さい

唐津の新鮮な情報満載!
びびっと!来たら、びびっと!いってみよう(^.^)/

迫力の走りに魅了 ツール・ド・九州in唐津開催 

 JAF全日本ラリー選手権の開幕戦「ツール・ド・九州2016in唐津」が4月7日から9日の日程で唐津市で始まり、国内トップレベルの選手ら最大で66台が唐津市に集結し、林道などのコースを走り腕を競い合った。まず、8日の早朝に唐津神社前に勢ぞろいし、成功と安全を祈願し、一台ずつ旗の相図で出発していった。競技は9日まで行われ、普段あまり目にすることのできない鮮やかな車の姿とドライバーの技に、市民も興味深く観戦をした。なお唐津での開幕戦は11年連続行われてきたが今年は第2戦目となった。
















■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

新聞折込広告集合チラシのお申込み・お問い合わせ
お気軽にお問い合わせ下さい


唐津の新鮮な情報満載!
びびっと!来たら、びびっと!いってみよう(^.^)/

大志小で卒業式 

 3月22日、唐津市内のほとんどの小学校で卒業式が行われ、卒業生は6年間の学び舎を巣立って行った。
その中、唐津市西城内の唐津市立大志小学校(原口毅校長)で第13回卒業証書授与式があり、保護者や在校生が見守る中、男子46名、女子34名、計80名が卒業証書を受け取った。
 その後式辞や祝辞、卒業生の門出の言葉や在校生のお祝いの言葉があり、最後には全員で校歌を斉唱し式を閉じた。体育館中に響き渡る大きな歌声に時折すすり泣く保護者の姿もあった。
 式を終えた卒業生達はそれぞれのクラスに戻り担任の先生との最後のお別れをし、写真を取り合うなどしてそれぞれの思い出を写真に残していた。






■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
新聞折込広告集合チラシのお申込み・お問い合わせ
お気軽にお問い合わせ下さい

唐津の新鮮な情報満載!
びびっと!来たら、びびっと!いってみよう(^.^)/