佐賀県唐津市の「唐津新聞社」より唐津ニュース速報!

唐津市民へ提言 プログラム受講生が卒業発表会 

2月29日

専修学校を活用した再チャレンジ支援推進事業(若者の再チャレンジ支援プログラム)のカリキュラムがこの度最終を向かえ、卒業発表会が行われた。この事業には、唐津コンピューター専門学校が文部科学省の委託として開催しており今年で4回目。今回の事業には8名の受講生が応募し、内6名が卒業発表に望んだ。8名の中には市外から有田や背振、また福岡からの生徒もいて、唐津の文化や町並み、歴史など多種にわたり調査・研究をし、それぞれの観点から検証をした。
唐津市民へ提言 プログラム受講生が卒業発表会


 29日、唐津商工会館での発表会では、6名が高齢化・観光・町並み・農業・水辺などおよそ六ヶ月間学んだ事をそれぞれおよそ15分ずつ発表をし、他の地域の成功事例の調査・研究内容はもとより、巧みな言葉づかいとパワーポイントによる分かりやすいプレゼンテーションを行った。会場には、行政関係者から商店街の人々、また地域でまちづくりに関わるNPO団体などおよそ40名が参加し、生徒達の発表を興味深く聞き入っていた。
 この後、午後からは佐世保市商店街連合会会長の竹本慶三氏による講演が行われ受講生たちは六ヶ月の事業を終え終了式へ望んだ。
唐津市民へ提言 プログラム受講生が卒業発表会
唐津市民へ提言 プログラム受講生が卒業発表会
唐津市民へ提言 プログラム受講生が卒業発表会



■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
広告のお申込み・お問い合わせ
お気軽にお問い合わせ下さい

唐津の新鮮な情報満載!
びびっと!来たら、びびっと!いってみよう(^.^)/

唐津城築城400年実行委員会 専門部会稼動開始 

2月26日

今年唐津城築城400年目を迎えるにあたり、1月に「唐津城築城400年記念事業実行委員会」が発足した。1月の総会では、実行委員会の会長や副会長また、基本方針・事業計画が審議されたが、今回は総会で設置された三つの部会が一堂に招集されることとなった。三つの部会は「総務部会」「イベント部会」「広報部会」で22日に唐津神社で第一回目の専門部会が開催された。
唐津城築城400年実行委員会 専門部会稼動開始

始めに、岩本副会長から挨拶があり、その後唐津市の事業計画が発表された。今後の市民や各団体が築城400年にからむ事業には「唐津城400年」と書かれたのぼり旗の貸し出しやエアーゲートの貸し出しも紹介された。この後、それぞれの部会に分かれ一年間の事業計画などについて詳細な会議が行われた。
唐津城築城400年実行委員会 専門部会稼動開始

なかでも、イベント部会では、各団体が開催する事業へのアドバイスを受けたりまた、協力体制の依頼などが活発に行われ、今後の事業展開に期待をもたせる内容となった。なお、次回の専門部会は3月初旬に開催される予定。
唐津城築城400年実行委員会 専門部会稼動開始
唐津城築城400年実行委員会 専門部会稼動開始



■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
広告のお申込み・お問い合わせ
お気軽にお問い合わせ下さい

唐津の新鮮な情報満載!
びびっと!来たら、びびっと!いってみよう(^.^)/

唐津市軟式野球連盟が総合開会式 

2月25日

唐津市軟式野球連盟(池田勘次会長)の今シーズン総合開会式が24日、唐津球場で行われ連盟登録のチームが参加した。今シーズン全ての大会の開会式で全チームの参加が義務付けられている。
唐津市軟式野球連盟が総合開会式

この日は、朝から雪が激しく降り、当初予定されていた入場行進は中止され、全チーム外野に整列した後一斉に行進しダイヤモンドに整列した。まず、池田会長の挨拶が「一年間元気にプレーして下さい」と挨拶した。続いて各大会の主催者(唐津市長旗・坂井俊之唐津市長、プレイボールスタジアム旗・瀬戸伸雄社長、唐津ぴーぷる旗・亀井取締役放送部長)が壇上に立ち挨拶が行われ今年の大会の安全と盛会を願った。
 また、昨年で大会最後となった唐津新聞社旗争奪大会の主催者・唐津新聞社に池田会長より感謝状の贈呈があり長年の大会への功績を称えた。
唐津市軟式野球連盟が総合開会式

唐津新聞社旗大会は、昭和40年に第一回大会として開催され、当初は年間2回の大会が行われていた。その後大会の数が増え年間一回の開催に移行、昨年平成19年度までに48回の大会が開催された。
 最後に選手代表の選手宣誓が行われ、今年全ての大会への熱い想いが伝えられた。
なお、唐津市軟式野球連盟は先週の総会で役員改選が行われ、平野乃武生会長より池田勘次会長へと代わり新たな陣容で今年を運営していく。


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
広告のお申込み・お問い合わせ
お気軽にお問い合わせ下さい

唐津の新鮮な情報満載!
びびっと!来たら、びびっと!いってみよう(^.^)/

環境と防災を考えよう かんねまつりが盛大に開催 

2月18日

「みんなで環境問題を考えよう」と2月17日「はらはらどきどき かんねまつり」環境防災ネットワーク博覧会が唐津市ふるさと会館アルピノホールで開催された。
環境と防災を考えよう  かんねまつりが盛大に開催

環境と防災を考えよう  かんねまつりが盛大に開催

この環境博は、佐賀県地球温暖化防止活動推進センター(NPO法人さが環境推進センター)が主催し、唐津環境防災推進機構KANNEが共催し開催されているもので、昨年に続き2回目をむかえた。今年は昨年の「虹の松原自動車学校」から会場をアルピノに移し、多くの講師による講話や団体や企業によるブース出展が特徴で、多くの市民で賑わった。
環境と防災を考えよう  かんねまつりが盛大に開催

午前10時に開会された後ステージでは、「ダンボールコンポスト」「人工呼吸・AED講習」「お天気の話」などの講師講話などが楽しく行われた。なかでも「ソーラークッカー」の講演では実際に会場を訪れたお客さんが製作に取り組み、会場一帯となり盛り上がりをみせた。
 また、中庭ではおしるここやちゃんこのサービスが行われ寒さの中温かい食材も振舞われた。
環境と防災を考えよう  かんねまつりが盛大に開催
環境と防災を考えよう  かんねまつりが盛大に開催
環境と防災を考えよう  かんねまつりが盛大に開催

陸上自衛隊久留米駐屯地からは、装甲車がお目見え。また、災害地などで活躍する炊具車によるブタ汁の提供もあり、鍋を楽しむなかでも災害について学ぶ機会となった。
環境と防災を考えよう  かんねまつりが盛大に開催
環境と防災を考えよう  かんねまつりが盛大に開催
環境と防災を考えよう  かんねまつりが盛大に開催



■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
広告のお申込み・お問い合わせ
お気軽にお問い合わせ下さい

唐津の新鮮な情報満載!
びびっと!来たら、びびっと!いってみよう(^.^)/

建国の日に200人集う りふれで唐津地区奉祝会 

2月14日
唐津地区建国記念奉祝式典が11日、唐津市高齢者ふれあい会館「りふれ」ホールであり、およそ200人が出席して祝った。
建国の日に200人集う  りふれで唐津地区奉祝会

唐津地区建国記念の日奉祝会(前田直太会長)が主催して毎年この日の開催されているもので、今年で46回目。式典では、出席者全員で国歌斉唱を行い、前田会長が君が代の詩について説明をし「明るい郷土をつくりあげましょう」と挨拶した。続いて保利耕輔衆議院議員、広津素子衆議院議員があいさつ、坂井俊之唐津市長は「17年に大合併をして4年目、国を愛する心を養いながら更なる発展のため共に頑張っていきましょう」とあいさつした。この後、出席者全員で紀元節の歌を合唱し、万歳三唱をした。
 式典の後は、陸上自衛隊第4特科連隊長兼久留米駐屯地司令、1等陸佐の加藤久典氏を講師に招き「我が国の陸上防衛と災害対処」をテーマとした記念講演があり、出席者は熱心に耳を傾けていた。
建国の日に200人集う  りふれで唐津地区奉祝会



■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
広告のお申込み・お問い合わせ
お気軽にお問い合わせ下さい

唐津の新鮮な情報満載!
びびっと!来たら、びびっと!いってみよう(^.^)/

バレンタインデー 商戦たけなわ 

2月13日
14日のバレンタインデーに向け、市内のスーパーや菓子店も商戦たけなわ。美しくラッピングされたチョコレートなどを品定めする多くの女性客で賑わっている。
唐津市京町のお菓子の店「ガラ」

唐津市京町のお菓子の店「ガラ」でも、いつもの人気商品に加え、バレンタイン商品が所狭しと並んでいる。毎年「ガラ」の人気商品といえば「生チョコ」1,050円~1,890円。毎年この味とその姿の可愛さにリピータも多い。
唐津市京町のお菓子の店「ガラ」

唐津市京町のお菓子の店「ガラ」

オーナーのお勧めは「トリュフ」全18種類で130円から用意されている。この「トリュフ」は18種類からお客さんの好みで詰め合わせができるのが特徴で、贈る人や自分の好みでいくらでも組み合わせが可能。
唐津市京町のお菓子の店「ガラ」

唐津市京町のお菓子の店「ガラ」

オーナーからのアドバイスとして、「お酒が好きな人、甘いお菓子が好きな人などそれぞれトッピングでオリジナルの詰め合わせとして、贈って頂ければ更に喜んでもらえるのでは?」とのこと。14日当日は混雑が予想されるため、お早目の品定めを。


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
広告のお申込み・お問い合わせ
お気軽にお問い合わせ下さい

唐津の新鮮な情報満載!
びびっと!来たら、びびっと!いってみよう(^.^)/

唐津10マイルロードレース 県内では木下(白石)が3位入賞 

2月10日
第48回唐津10マイルロードレース大会が10日開催された。唐津市と佐賀陸上競技協会が主催するこの大会は今年で48回目を数え、昨年からスタートを唐津市役所前から唐津市陸上競技場に移し開催されている。一般男子(10マイル)では旭化成の大野龍二選手が47分01秒で初優勝を飾り、女子10キロでは十八銀行の藤田真弓選手が33分00秒優勝。県勢では高校男子10キロで木下潤哉(白石)が3位、田中翔太(鳥栖工)が5位に入賞する大健闘。また、女子10キロでは稲富友香(鳥栖・順大)が5位。


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
広告のお申込み・お問い合わせ
お気軽にお問い合わせ下さい

唐津の新鮮な情報満載!
びびっと!来たら、びびっと!いってみよう(^.^)/

福は内!鬼は外! 恒例の節分祭に大勢の市民が駆けつける 

2月3日(日) 「節分の日」の3日夕方、唐津神社(戸川惟継宮司)で恒例の節分祭があり、今年の干支の年に産まれた年男・年女らが拝殿から福豆をまき、大勢の参拝者らがあらそって拾った。節分祭では、年男・年女のほか、厄払い招福祈願、氏子代表などおよそ130人が拝殿でお払いを受けた。さらに禰宜と権禰宜が拝殿の左右の空に向かって邪気を払う弓弦の音を響かせてた。
福は内!鬼は外! 恒例の節分祭に大勢の市民が駆けつける

 この後神前で玉串をささげて邪気と招福を祈願した年男と年女他特別祈願の人たちが拝殿がら威勢よく福豆を撒いた。毎年女性と子ども達の参加が増えているが、特に今年は福豆を撒く姿の中に子ども達の姿が多く見られ、境内に集まっていた子ども達も知り合いの友達に声をかけるなど、例年以上に盛り上がりを見せていた。
 境内には、飴玉やチョコレート、紅白餅などが入った福豆を拾おうと大勢の参拝者が大きく手を広げたり、持参した袋の口を開けてあらそって拾いあっていた。
福は内!鬼は外! 恒例の節分祭に大勢の市民が駆けつける



■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
広告のお申込み・お問い合わせ
お気軽にお問い合わせ下さい

唐津の新鮮な情報満載!
びびっと!来たら、びびっと!いってみよう(^.^)/