佐賀県唐津市の「唐津新聞社」より唐津ニュース速報!

護衛艦試乗も 第十八回海のカーニバル開催される 

7月26日

第十八回海のカーニバル開催される


 唐津の夏の風物詩で毎年開催されている「第十八回海のカーニバルin唐津」が七月十八日唐津東港をメイン会場として開催された。今年で十八回目を迎えるこのカーニバルは毎年地域の団体が持ち回りで実行委員長を務め、本年は唐津観光協会がこれを務めた。今年も会場ではステージで海事功労者の表彰が行われ、終日ダンスやコンサートで賑わいをみせた。また、港周辺ではサザエの壺焼き、物産展、ガレージセールなどの出店が所狭しと並び、会場を訪れた観光客などを喜ばせた。このイベントで毎年恒例で楽しみにされているのは「魚のつかみどり」と「護衛艦の体験航海」。つかみ取りには子ども達が歓声をあげながら、一匹一匹を水槽の中で追い回し、周囲の大人達からも大きな歓声がわいた。また、今年体験航海のためにやってきたのは海上自衛隊の護衛艦「ゆうだち」で、午前と午後の二度の体験航海を行い、およそ800人が巨大な船のクルージングを楽しんだ。また、イージス艦「みょうこう」の艦内一般公開も行われ、普段目にする事のできない艦内に市民も喜んで見入っていた。
第十八回海のカーニバル開催される


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
広告のお申込み・お問い合わせ
お気軽にお問い合わせ下さい

唐津の新鮮な情報満載!
びびっと!来たら、びびっと!いってみよう(^.^)/

晴天のもと今年も開幕! からつ土曜夜市が盛大に! 

7月20日

からつ土曜夜市が盛大に!


唐津に本格的な夏の訪れを告げる夜まつり「第三十八回からつ土曜夜市」が七月十七日から始まり、小さな子ども達を連れた家族や、浴衣姿の女性たち、また観光客らもくりだして賑わった。
 午後六時過ぎ、市内の企業や幼稚園、まちづくり団体など約300人のオープニングパレードでスタート。夜市の開幕を告げる宣伝カーを先頭にうちわや風船も配られ、それぞれの団体がPRをかねて中町、京町、呉服町を練り歩き、華やかに夏の風物詩の開幕を祝った。
 数日間続いた雨の後という事もあり、会場ではワゴンセールや出店に子どもから大人までのひとだかりができ、夜市の初日を楽しんだ。
 なお、からつ土曜夜市は八月七日まで毎週土曜日開催され、多彩にイベントが行われる予定。

からつ土曜夜市が盛大に!
からつ土曜夜市が盛大に!

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
広告のお申込み・お問い合わせ
お気軽にお問い合わせ下さい

唐津の新鮮な情報満載!
びびっと!来たら、びびっと!いってみよう(^.^)/

本場大分の味を! からあげ「こころ」OPEN 

7月13日

本場大分の味を! からあげ「こころ」OPEN


 七月三日、からあげ専門店「からあげ・こころ」が唐津市町田にオープンした。
こころでは、本場大分・中津の味を唐津の皆さんにも味わってもらおうとこの度オープンしたもので、お持ち帰りの専門店。メニューは「ほねなし(もも)100g200円」「ずりから(すなずり)100g200円」の二種類。あげたてを提供してくれるので予約がお薦め。営業時間は、15時~19時30分。お問い合わせは、からあげこころ唐津市町田三丁目74-7556まで。

本場大分の味を! からあげ「こころ」OPEN

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
広告のお申込み・お問い合わせ
お気軽にお問い合わせ下さい

唐津の新鮮な情報満載!
びびっと!来たら、びびっと!いってみよう(^.^)/

市民が体験航海を楽しむ 護衛艦「いかづち」が入港 

7月6日

護衛艦「いかづち」が入港


 インド洋での給油支援活動の任務にあたってきた海上自衛隊護衛艦「いかづち」(乗員百七十五人)がこの度唐津港に入港し、歓迎レセプションや、体験航海などが行われた。
 この護衛艦の艦長は唐津出身の梅崎氏ということもあり、当時の同級生や地域の団体などが実行委員会を作り様々なイベントが行われた。
 また、乗員も虹の松原再生の支援活動として松原の清掃活動を行うなど、地域の活動にも参加し、市民との交流を深めた。更に体験航海も行われ、集まった市民は日頃乗船できない護衛艦の内部を興味深く見学したり、甲板の上で海風を楽しんだ。

護衛艦「いかづち」が入港
護衛艦「いかづち」が入港
護衛艦「いかづち」が入港


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
広告のお申込み・お問い合わせ
お気軽にお問い合わせ下さい

唐津の新鮮な情報満載!
びびっと!来たら、びびっと!いってみよう(^.^)/