佐賀県唐津市の「唐津新聞社」より唐津ニュース速報!

楽しみながら学ぼう!唐津検定「予備校」始まる 

2月25日

唐津検定「予備校」始まる


 今年十月開催を予定している「唐津検定」試験実施に向け、楽しみながら唐津を学ぶ「唐津検定予備校」が始まった。
 セミナーなバスハイク等数回を予定しているが、第一回目となった二月十五日は「こんなにあった!唐津のパワースポット」をテーマに、唐津市文化財保護審議会・志佐会長がおよそ三十名の参加者(受講者)に講話した。
 内容は、相知や厳木の摩崖仏や何百年も残る巨木などについてプロジェクターなどを使用し、分かりやすく説明。文化財として今に残るパワースポットや歴史と神話に参加者たちは終始耳を傾けていた。
 また、今回のセミナーの会場となったのは厳木町の「旧白水酒造」。築二百年の造り酒屋の趣ある雰囲気の中、手作り和菓子を楽しみながら歴史を学んだ。
 なお、今後唐津検定予備校は年度内にセミナーを二回、バスハイクを二回予定しており、参加者を募っている。詳しくは、唐津商工会議所・唐津検定事業推進室050-3565-2881まで

唐津検定「予備校」始まる
唐津検定「予備校」始まる
唐津検定「予備校」始まる


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
広告のお申込み・お問い合わせ
お気軽にお問い合わせ下さい

唐津の新鮮な情報満載!
びびっと!来たら、びびっと!いってみよう(^.^)/

建国の日に市民集う りふれで唐津地区奉祝会 

2月17日

りふれで唐津地区奉祝会



唐津地区建国記念奉祝式典が二月十一日、唐津市高齢者ふれあい会館「りふれ」ホールであり、市民や関係者らおよそ二百人が出席して祝った。
唐津地区建国記念の日奉祝会が主催し毎年この日の開催されているもので、今年で四十九回目。昨年から式典の前に神事が行われ、関係者らが玉串奉奠を行った。
式典では、出席者全員で国旗に正対し国歌斉唱を行い、続いて保利耕輔衆議院議員や坂井俊之唐津市長が挨拶。この後、出席者全員で紀元節の歌を合唱し、日の丸の旗を手に万歳三唱をした。
 式典の後は、自衛隊佐賀地方協力本部本部長(防衛事務官)海和千城氏を招き「安全保障雑観~海洋法と安全保障~」をテーマとした記念講演があり、出席者は熱心に耳を傾けていた。


りふれで唐津地区奉祝会


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
広告のお申込み・お問い合わせ
お気軽にお問い合わせ下さい

唐津の新鮮な情報満載!
びびっと!来たら、びびっと!いってみよう(^.^)/

バレンタインデー 商戦たけなわ 

2月11日

バレンタインデー 商戦たけなわ


二月十四日のバレンタインデーに向け、市内のスーパーや菓子店も商戦たけなわ。美しくラッピングされたチョコレートなどを品定めする多くの女性客で賑わっている。唐津市京町のお菓子の店「ガラ」でも、いつもの人気商品に加え、バレンタイン商品が所狭しと並んでいる。毎年も「ガラ」の人気商品といえば「生チョコ」1,050円~1,890円。毎年この味とその姿の可愛さにリピータも多い。オーナーのお勧めは「トリュフ」全二十種類で130円から用意されている。この「トリュフ」は二十種類からお客さんの好みで詰め合わせができるのが特徴で、贈る人や自分の好みでいくらでも組み合わせが可能。オーナーからのアドバイスとして、「お酒が好きな人、甘いお菓子が好きな人などそれぞれトッピングでオリジナルの詰め合わせとして、贈って頂ければ更に喜んでもらえるのでは?」とのこと。今年のバレンタインデーは前日の十三日が日曜日だが、ガラさんは勿論営業。十四日当日は混雑が予想されるため、お早目の品定めを。


バレンタインデー 商戦たけなわ
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
広告のお申込み・お問い合わせ
お気軽にお問い合わせ下さい

唐津の新鮮な情報満載!
びびっと!来たら、びびっと!いってみよう(^.^)/

福は内!鬼は外! 恒例の節分祭に大勢の市民が駆けつける 

2月9日

「節分の日」の三日夕方、唐津神社(戸川忠俊宮司)で恒例の節分祭があり、今年の干支の年に産まれた年男・年女らが拝殿堂から福豆をまき、大勢の参拝者らがあらそって拾った。節分祭では、年男・年女のほか、厄払い招福祈願、氏子代表などおよそ100人が拝殿でお払いを受けた。さらに拝殿堂の左右の空に向かって弓弦が放たれ、邪気を払う音を響かせてた。
 この後神前で玉串をささげて邪気と招福を祈願した年男と年女他特別祈願の人たちが拝殿から威勢よく福豆を撒いた。毎年女性と子ども達の参加が増えているが、特に最近では福豆を撒く姿の中に子ども達の姿が多く見られ、境内に集まっていた子ども達も知り合いの友達に声をかけるなど、今年も例年以上に盛り上がりを見せていた。
 境内には、飴玉やチョコレート、紅白餅などが入った福豆を拾おうと大勢の参拝者が大きく手を広げたり、持参した袋の口を開けてあらそって拾いあっていた。

唐津神社(戸川忠俊宮司)で恒例の節分祭


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
広告のお申込み・お問い合わせ
お気軽にお問い合わせ下さい

唐津の新鮮な情報満載!
びびっと!来たら、びびっと!いってみよう(^.^)/

唐津検定に向け楽しみながら学習を!唐津検定予備校が始動! 

2月5日

唐津検定予備校が始動!


 唐津の魅力や伝統などを後世に繋ごうと、「唐津検定委員会」が平成二十一年発足され、テキスト作成などの準備が進む中、この度、唐津検定予備校が開設され始動しはじめた。
 「唐津検定」は、市町村合併後の新唐津市の魅力、『地域の宝』を次世代にしっかり引き継いでいこうと、唐津市が唐津商工会議所に委託して実施する「唐津の魅力継承事業」の一環として唐津商工会議所(太田善久会頭)が企画・立案し行っている。
 今回は、十月の唐津検定に向けて唐津検定予備校を開設。セミナーやバスハイクなどで唐津の自然・文化・歴史・産業の四部門などについて学ぶ。平成二十二年度には五回、二十三年度に五回を予定している。
 一月二十一日に正式に唐津市役所で発表され、参加者を広く募っている。
今後の予備校開催などお問い合わせは、唐津商工会議所内・唐津検定準備推進室050-3565-2880まで。
 なお、唐津検定公式テキストの発刊は四月に予定。唐津検定の試験は十月二日を予定している。

唐津検定予備校が始動!


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
広告のお申込み・お問い合わせ
お気軽にお問い合わせ下さい

唐津の新鮮な情報満載!
びびっと!来たら、びびっと!いってみよう(^.^)/

商売繁盛や家内安全求めて 二十日恵比須祭 

2月1日

二十日恵比須祭


 からつ二十日恵比須祭が十九日から、唐津神社境内で始まった。鳥居には二十日恵比須の提灯がにぎにぎしく飾られ、富くじや縁起物を売るテント、また、梅ヶ枝餅、焼き鳥の売店なども立ち並び、市民や近郷の人々が参拝した。
 天保年間(1830~1844)に始まったという刀町の恵比須祭は、毎年順番に刀町の商人の家に祭られていて、年に一度公開されて祭りが引き継がれてきた。昭和四十六年からは大手口広場前で一般にも御開帳して祭りを盛り上げた。更に五十八年に唐津神社境内に恵比須社を建て奉安。翌五十九年から「からつ二十日恵比須祭」として、毎年一月十九・二十日に祭りを行い、市内や東松浦郡内の商工業者や関係者、一般住民なども多数参詣し、年々盛大になっている。

二十日恵比須祭
二十日恵比須祭
二十日恵比須祭

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
広告のお申込み・お問い合わせ
お気軽にお問い合わせ下さい

唐津の新鮮な情報満載!
びびっと!来たら、びびっと!いってみよう(^.^)/