佐賀県唐津市の「唐津新聞社」より唐津ニュース速報!

米俵3俵贈られる 唐津検定合格者抽選会 

唐津検定合格者抽選会


 十月二日に唐津商工会議所(太田善久会頭)が開催した「唐津検定」の合格者を対象に二十三日、お楽しみ大抽選会が「ふるさと会館アルピノ」で開催された。
 会場には検定試験の合格者524人のうちおよそ370人が出席。県外からの出席者もあり、会場は終始盛り上がりをみせた。
 この中で、唯一満点合格となった「前川詩織さん」の表彰も行われ、目玉の商品「上場産新米コシヒカリ三俵」が贈呈された。その他にも参加者全員にも抽選でもれなく商品が当たるシステムで、唐津焼や食事券、地元特産物などを手にしていた。
 なお、検定試験の受験者総数は544人、うち合格者は524人。平均点は91.6点だった。


唐津検定合格者抽選会
唐津検定合格者抽選会

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
広告のお申込み・お問い合わせ
お気軽にお問い合わせ下さい

唐津の新鮮な情報満載!
びびっと!来たら、びびっと!いってみよう(^.^)/


唐津の商工団体が交流会 

唐津の商工団体が交流会


「第24回からつ商工団体交流会」が24日、虹の松原の海浜館で開催され、旧唐津市内5地区の商工団体から55名が参加した。この会は、唐津中央商店街、唐津駅南振興会、和多田商工振興会、城内観光商工振興会、鏡商工振興会の5団体が持ち回りで毎年開催されており、今回の主催である鏡商工振興会瀬戸恵司会長の挨拶の後、川村政典事務局長より松浦川の外来魚ブラックバスの駆除に長年取り組んでいる事などの活動報告があった。続いて元大分県佐伯市職員で宇目町の観光大使として全国を回り、現在はフリーで講演活動をされている矢野大和氏により「こんな時こそ笑顔」と題して講演。大変な時代だからこそ、物事を否定ではなく肯定から始める考え方が大切。例えば『お年寄りでも病院に行く暇がない程忙しかったら、気持ちも身体も元気になり、町も元気になり、医療行政も上手く行く』などとユーモアを交えながら語り、参加者も矢野氏の巧みな話術に引き込まれていた。その後懇親会に移り、和やかに交流を深めた。

唐津の商工団体が交流会

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
広告のお申込み・お問い合わせ
お気軽にお問い合わせ下さい

唐津の新鮮な情報満載!
びびっと!来たら、びびっと!いってみよう(^.^)/

大手口センタービルが落成 市民の交流拠点へ 

大手口に建設が進められていた「大手口センタービル」が完成し、十月十八日に落成式が行われた。中心街の活性化と、市民の交流拠点をめざすこのセンタービルは、敷地2400平方メートル、鉄骨6階建て、総事業費は23億9700万円。1階は12月上旬稼働を目指すバスセンターや、カフェ、コンビニエンスストア等が出店。2階には書店やフィットネスクラブが入居する。
 5・6階には唐津市の商工観光部、農林水産部、教育委員会が来年にも移転を予定している。
長期間空きビルとなっていた中心街のシンボルとして、今後の利活用が期待される。

大手口センタービルが落成

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
広告のお申込み・お問い合わせ
お気軽にお問い合わせ下さい

唐津の新鮮な情報満載!
びびっと!来たら、びびっと!いってみよう(^.^)/

桃山天下市15周年記念イベント 

桃山天下市15周年記念


桃山天下市15周年記念イベント。
唐津市鎮西町名護屋にある道の駅桃山天下市では、10月16日(日曜日)15周年を記念したイベントが終日執り行われた。
恒例のすり身汁やいかしゅうまい,いかのゲソから揚げ等を来場者に振る舞う1年分のただでたべん祭や歌謡コンサート・餅まき、直売店の割引セールなど、沢山の催し物が一同に介してあり、恒例の行事としても地元の人々に愛されているのか、家族連れや子供連れが多く来場していた。また、県内外から観光に訪れた観光客も混じり、併せて約1,000名程の来場者があり始終賑わいを見せていた。

桃山天下市15周年記念

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
広告のお申込み・お問い合わせ
お気軽にお問い合わせ下さい

唐津の新鮮な情報満載!
びびっと!来たら、びびっと!いってみよう(^.^)/

初くんち奉告祭 囃子が奉納される 

初くんち奉告祭


 唐津くんちの行事の一つ「初くんち奉告祭」が十月九日唐津神社で開催された。
神事には曳山取締会や十四の各町内関係者が集まり、くんち行事の安全を祈願した。
その後、曳山囃子保存会の囃子の奉納を皮切りに、十四の町がそれぞれ囃子の奉納を行った。また、境内ではそれぞれの町内が陣取り、酒を酌み交わし、囃子奉納を祝った。

初くんち奉告祭
初くんち奉告祭

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
広告のお申込み・お問い合わせ
お気軽にお問い合わせ下さい

唐津の新鮮な情報満載!
びびっと!来たら、びびっと!いってみよう(^.^)/

囃子練習が始まる いよいよ唐津くんちへ 

囃子練習が始まる


 十月に入って市内の旧城下町の曳山のある十四ヶ町の街角で、賑やかなくんち囃子の練習が始まった。この囃子の練習が始まると、唐津の町は「いよいよ唐津くんちがちかまってきたな」と子供たちを中心に胸が躍る。笛・鐘・太鼓の音が町中に響きわたりくんちモードへと突入する。
 各町内によって期間や時間などは多少異なるが、子供たちは大人たちが見守る中、練習を続け、また集会所などではくんちに向けて采配作りや備品の整備などが行われる。
なお、唐津くんちは十一月二日宵山・三日お旅所巡行・四日町廻りのスケジュールで開催される。


囃子練習が始まる
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
広告のお申込み・お問い合わせ
お気軽にお問い合わせ下さい

唐津の新鮮な情報満載!
びびっと!来たら、びびっと!いってみよう(^.^)/

目指せ満点合格!唐津検定に600人挑む 

唐津検定に600人挑む


 唐津では初めて開催されるご当地検定「唐津検定」(唐津商工会議所主催・太田善久会頭)が十月二日、唐津市ふるさと会館「アルピノ」などで開催された。当日試験に臨んだのはおよそ600人。遠くは関東、関西からの参加もあり、小学生から八十歳台と幅広い年齢層となった。
 試験の様式は百問で三択形式。試験の公式テキスト本「唐津探訪」から九十%が出題され、合格ラインは七十点。なおこのテキストは試験会場に持ち込む事が可能で、受験者達は持ち時間の九十分をフルに活用して、試験問題に挑んでいた。
 なお、合格発表は十月十四日に郵送やホームページなどで発表。合格手形が贈られ、一年間有効な様々な特典が与えられる。

唐津検定に600人挑む
唐津検定に600人挑む

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
広告のお申込み・お問い合わせ
お気軽にお問い合わせ下さい

唐津の新鮮な情報満載!
びびっと!来たら、びびっと!いってみよう(^.^)/