佐賀県唐津市の「唐津新聞社」より唐津ニュース速報!

機能回復を目指して 波戸で心理リハビリキャンプ 

波戸で心理リハビリキャンプ


脳性まひなどが原因で手や足などに障害持つ子供や大人が、機能回復を目指して訓練する「心理リハビリテーションキャンプ」が八月十七日から鎮西町の波戸岬少年自然の家で6日間の日程で行われ、小学生から大人まで15人とその保護者が参加した。
 障害者の保護者でつくる佐賀県若楠ふたばの会と県肢体不自由児協会が毎年開催しているもので、37年間行われている。
今回も六日間の日程で行われ保護者とともに家庭での訓練のあり方を探っている。初日に個別の診断が行われ、独自のトレーニングメニューを作成。トレーニングは一日数回行われ、立ち上がったまま姿勢を保つ練習や、腰を伸ばす運動などにトレーナーとのマンツーマンで臨んでいた。トレーニングの合間にはプール遊びなどレクレーションも行われ、終始和やかな雰囲気で進み、保護者同士の情報交換も行われた。
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
新聞折込広告集合チラシのお申込み・お問い合わせ
お気軽にお問い合わせ下さい

唐津の新鮮な情報満載!
びびっと!来たら、びびっと!いってみよう(^.^)/

538人が観戦 ホークス応援ツアー 

538人が観戦 ホークス応援ツアー


八月十日、唐津市民が大挙して福岡ドームに集結し、ソフトバンクホークスの応援を行った。この日は夕方、唐津市から538人が集まり、それぞれ分かれてバスに乗車し唐津を出発。試合前から1塁側の外野指定席に陣を取り、試合開始を待った。
 この日の試合は東北楽天イーグルス戦でホークスの先発投手は岩嵜。対する楽天は辛島。
この日は投打がかみ合わず3対6で敗戦。しかし、ホークス応援団の中で観戦した唐津市民は本格的な応援団の中で観戦できたことで最後まで盛り上がりを見せていた。
 今回のホークス観戦ツアーは平成19年に唐津青年会議所(JC)が主催をしたのが始まり。平成20年以降は、唐津市と福岡ソフトバンクホークスが総合交流宣言を交わした事により継続されているもので、今回で6回目。なお、唐ワン君もドームに登場。市民の中には久里ファイターズや大志クレインズなど少年野球チームも参加した。ホークス応援ツアーの対戦成績は2勝3敗1分け。

538人が観戦 ホークス応援ツアー

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
新聞折込広告集合チラシのお申込み・お問い合わせ
お気軽にお問い合わせ下さい

唐津の新鮮な情報満載!
びびっと!来たら、びびっと!いってみよう(^.^)/

唐津神社前で多彩なイベント 城内夏祭りが今年も盛大に開催 

城内夏祭り


城内地区の活性化と、地域住民の親睦を深めようと今年も八月十八日「城内夏祭り・盆踊り大会」が開催された。この事業は、城内観光商工振興会(松尾博司会長)と城内ふれあい事業実行委員会(加藤博彦実行委員長)が主催しているもので今年で四回目。地域の町内会や婦人会また、多数のまちづくり団体の協力のもと開かれている。
 会場となった唐津神社前広場では、「幼老共生広場」として、子供から老人までが楽しめる場が用意され露店では親子連れなどで賑わい、打ち水も行われた。
今年は天候にも恵まれ、早い時間からの人出で、楽しい夕べを過ごした。
 また、市民会館前広場では、大道芸人の「ゼロ一座」ショーを皮切りに、バンドの演奏やダンスの披露、唐ワン君音頭で盛り上がり、夏祭りに花を添えた。
 そして、今年から始めて餅まきも行われ、ステージ前に集まった参加者は次々に餅を拾い集め、シンガーソングライターでFMからつのパーソナリティー、はちみつボイス☆知展さんの司会のもと終始賑わいを見せた。
 最後にやぐらを囲んで盆踊りが始まり、踊りの会の皆さんや婦人会、子供達まで輪に加わり、何周もステージを回り盆踊りを楽しんだ。


城内夏祭り
城内夏祭り
城内夏祭り

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
新聞折込広告集合チラシのお申込み・お問い合わせ
お気軽にお問い合わせ下さい

唐津の新鮮な情報満載!
びびっと!来たら、びびっと!いってみよう(^.^)/


熊原町が優勝!唐津市子連球技大会(ミニバレーボール)大会 

熊原町が優勝!唐津市子連球技大会(ミニバレーボール)大会


8月5日に開催された「唐津市子連球技(ミニバレーボール)大会」で、長松校区代表の「熊原町子供クラブ」が優勝をし、唐津市代表として8月25日に開催される佐賀県大会への切符を手にした。
 同チームは、長松校区で開催された大会で、見事優勝し校区代表に。9名のチーム編成で、それぞれの持ち味を生かし順当に勝ち上がって行った。
 この日行われた唐津市の大会には全10チームが参加。それぞれが地区の大会を勝ち上がってきたチームとあって強豪揃い。その中での優勝とあり選手はもちろん校区や、町の保護者達も優勝に歓声を上げていた。
 なお、試合結果は以下の通り。予選…佐志(2-1)竹木場(2-0)準決勝…成和(2-0)決勝戦…大良(2-0)

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
新聞折込広告集合チラシのお申込み・お問い合わせ
お気軽にお問い合わせ下さい

唐津の新鮮な情報満載!
びびっと!来たら、びびっと!いってみよう(^.^)/

松浦川で外来種駆除 

松浦川で外来種駆除


松浦川に繁殖するブラックバスやブルーギルなどの外来種を駆除しようと、7月22日、釣り大会が開催された。鏡商工振興会(瀬戸恵司会長、会員43社)が、松浦川の在来種を保護し、地域の環境を考える目的で毎年取り組んでいる事業で今回が9回目。この日は梅雨末期の大雨で濁流となった影響が残り、思ったよりも釣果は少なかったが、唐津市内をはじめ嬉野市や伊万里市などから53名の参加者が集まり、獲物を狙って早朝から釣り糸を垂らしていた。今回は、魚の大きさではなく匹数で順位を決めるルールで行われ、時間内にブルーギルなど11匹を釣りあげた市内鏡の宗田一晃さんが優勝。子どもの部では鬼塚中3年の高崎陸君が2匹で1位となった。高崎君はこの日最も大きい45センチのブラックバスを見事釣りあげた。全体で29匹の外来種が釣りあげられ、主催者によって全て廃棄処分された。

松浦川で外来種駆除
松浦川で外来種駆除


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
新聞折込広告集合チラシのお申込み・お問い合わせ
お気軽にお問い合わせ下さい

唐津の新鮮な情報満載!
びびっと!来たら、びびっと!いってみよう(^.^)/