佐賀県唐津市の「唐津新聞社」より唐津ニュース速報!

いよいよ唐津くんち 唐津神社で本殿祭 

唐津神社で本殿祭


唐津神社の秋季例大祭「唐津くんち」の本殿祭が十月二十九日、唐津神社で行われた。氏子総代や唐津曳山取締会、行政などから参列し、くんち期間の盛会と安全を祈願した。
 唐津くんちは以前、毎年十月二十九日、三十日の二日間行われていたが、観光客誘致などのため1968年から「文化の日」を挟んだ十一月二・三・四日に変更された。しかし、本殿祭だけは、この日を忘れることがないようにと当時の日程で行われている。
神事では、神輿とともに参列者がおはらいを受け、代表者が順に玉串を捧げた。
またこの日早朝より、今年のくんち総行事を担当する町内(中町・八百屋町)の氏子の手によって、一ノ宮・二ノ宮の二台の神輿が一年ぶりに、境内の倉庫から慎重に運び出された。すすを払い飾りを施し本殿に鎮座。くんち本番の三日には、十四台の曳山を従えて、この二台の神輿がお旅所まで御幸される。

唐津神社で本殿祭
唐津神社で本殿祭

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
新聞折込広告集合チラシのお申込み・お問い合わせ
お気軽にお問い合わせ下さい

唐津の新鮮な情報満載!
びびっと!来たら、びびっと!いってみよう(^.^)/

小学校で演奏会 アルモニア管弦楽団がコンサート 

小学校で演奏会 アルモニア管弦楽団


アルモニア管弦楽団がこの度、唐津市の小学校などで演奏会を開催し、子供たちや地域の市民の前で演奏披露した。
 この日演奏が開催されたのは、東唐津小学校など市内数か所。生徒が演奏に聴き入る中、バイオリンやチェロ、フルートなど普段なかなか目の前で見たり聴いたりできない楽器の紹介や音色が披露された。
 途中、楽器によって奏でられる音の説明をユニークに説明するなどし、子供たちは興味深げに話に耳を傾けていた。
 この事業は、唐津法人会(瀬戸伸雄会長)が社会貢献の一環として開催しているのもで、毎年実施されている。演奏会に先駆けて税金の話を子供たちの学校用具等を例えて講話も行われ、どういう税金があるのか、どのように活用されているかなどの学習も行われた。
なお、当日参加予定の高島小学校の生徒は台風による高波のため不参加となった。


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
新聞折込広告集合チラシのお申込み・お問い合わせ
お気軽にお問い合わせ下さい

唐津の新鮮な情報満載!
びびっと!来たら、びびっと!いってみよう(^.^)/

「源義経の兜」が170年祭 唐津くんち前にお披露目 

「源義経の兜」が170年祭


国の重要無形民俗文化財「唐津くんち」の四番曳山「源義経の兜」(1844年制作・呉服町)が今年制作より170年目の節目の年を迎え祝賀会が行われた。
 この日は晴天に恵まれ、曳山展示場から呉服町町内へ移動し商店街に曳山を展示。餅まきや記念のライブなども行われ、町内関係者は勿論家族連れや観光客などで賑わった。
 呉服町の曳山「源義経の兜」は、昨年の唐津くんち最終日の雨で金箔がはがれるなどしていたため、最近まで修復が行われていた。今回傷んでいた兜の金箔を張りなおすなど鮮やかな色彩での登場に町内関係者は2重の喜びとなった。


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
新聞折込広告集合チラシのお申込み・お問い合わせ
お気軽にお問い合わせ下さい

唐津の新鮮な情報満載!
びびっと!来たら、びびっと!いってみよう(^.^)/

花と緑がいっぱい祭 唐津市緑花祭開催 

花と緑がいっぱい祭


今年で19回目を迎える「唐津市緑花祭・花と緑がいっぱい祭」が10月12日ふるさと会館アルピノで開催され、多くの来場者で賑わった。
 会場内では、唐津の花・フワラーアレンジメント・プリザーブドフラワー・シンボルフラワー等の展示が行われ、実際に教室も開催され来場者は体験型のイベントも楽しんだ。
 また、ステージでは原文香さんのライブや幼稚園児による音楽祭も行われ、まさにイベントに花を添えた。午後からは元福岡ダイエーホークス投手で野球解説者の若田部健一さんによる「私の野球人生」と題し記念講演も行われ、来場者は熱心に聞き入っていた。
 主催する鶴田忠嗣実行委員長は、今日を機会にもっと日頃より花や緑に触れ合っていただき、関心をもってもらえれば、とコメントしていた。

花と緑がいっぱい祭
花と緑がいっぱい祭
花と緑がいっぱい祭

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
新聞折込広告集合チラシのお申込み・お問い合わせ
お気軽にお問い合わせ下さい

唐津の新鮮な情報満載!
びびっと!来たら、びびっと!いってみよう(^.^)/

初くんち奉告祭 囃子が奉納される 

初くんち奉告祭 囃子が奉納される


唐津くんちの行事の一つ「初くんち奉告祭」が十月九日唐津神社で開催された。
当日は台風24号の接近で開催が心配されたが、夕方からは天候も回復、神事には曳山取締会や十四の各町内関係者が集まり、くんち行事の安全を祈願した。
その後、曳山囃子保存会の囃子の奉納を皮切りに、十四の町がそれぞれ囃子の奉納を行った。また、境内ではそれぞれの町内が陣取り、酒を酌み交わし、囃子奉納を祝った。


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
新聞折込広告集合チラシのお申込み・お問い合わせ
お気軽にお問い合わせ下さい

唐津の新鮮な情報満載!
びびっと!来たら、びびっと!いってみよう(^.^)/

囃子練習が始まる いよいよ唐津くんちへ 

囃子練習が始まる いよいよ唐津くんちへ


十月に入って市内の旧城下町の曳山のある十四ヶ町の街角で、賑やかなくんち囃子の練習が始まった。この囃子の練習が始まると、唐津の町は「いよいよ唐津くんちがちかまってきたな」と子供たちを中心に胸が躍る。笛・鐘・太鼓の音が町中に響きわたりくんちモードへと突入する。
 各町内によって期間や時間などは多少異なるが、子供たちは大人たちが見守る中、練習を続け、また集会所などではくんちに向けて采配作りや備品の整備などが行われる。
なお、唐津くんちは十一月二日宵山・三日お旅所巡行・四日町廻りのスケジュールで開催される。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
新聞折込広告集合チラシのお申込み・お問い合わせ
お気軽にお問い合わせ下さい

唐津の新鮮な情報満載!
びびっと!来たら、びびっと!いってみよう(^.^)/

豪華客船「飛鳥Ⅱ」が唐津に寄港 

豪華客船「飛鳥Ⅱ」が唐津に寄港


豪華客船「飛鳥Ⅱ」が9月26日唐津市の妙見埠頭に寄港し、多くの関係者に迎えられた。「飛鳥Ⅱ」は約5万トン、830人の乗客を横浜や名古屋で乗せて唐津へ寄港、日本一周の旅を続けている。着岸後乗客らはそれぞれ各観光コースに分かれ貸切バス出発。呼子の朝市や名護屋城博物館、唐津城、人形浄瑠璃などを楽しんだ。唐津での滞在時間はおよそ7時間。それぞれが唐津を存分に満喫して再び乗船。船旅へと帰って行った。

豪華客船「飛鳥Ⅱ」が唐津に寄港

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
新聞折込広告集合チラシのお申込み・お問い合わせ
お気軽にお問い合わせ下さい

唐津の新鮮な情報満載!
びびっと!来たら、びびっと!いってみよう(^.^)/