佐賀県唐津市の「唐津新聞社」より唐津ニュース速報!

29年ぶりに総塗替え完成 「鳳凰丸」市民にお披露目 

29年ぶりに総塗替え完成「鳳凰丸」


国の重要無形民俗文化財「唐津くんち」の6番曳山「鳳凰丸」(大石町)がこの度二29年ぶりに総塗替えを終え、市民にお披露目された。
 この日は、台風接近で神事が危ぶまれたが何とか天候に恵まれ、町内関係者が早朝より集まり唐津神社で神事を受け写真撮影等を行い、午前9時に大石町町内へ向けてお披露目の巡行開始。町内では餅まきを行い、総塗替え落成を町内をあげて祝った。
 また、町内到着までの巡行コースでは、他町内から横断幕などで祝福を受け、更に総塗り替え落成を喜んだ。
 その後、ふるさと会館アルピノへ移動し、来賓や唐津曳山取締会関係者、また、13の曳山を持つ曳山関係者およそ120人が出席のもと総塗替え落成記念式典が行われた。
 今回の塗り替えで注目されたのは、胸元や羽の部分に藍色が施された事で、これは明治時代に残された「唐津神祭行列図」を参考に忠実に再現された。
 なお、塗替え修復作業は主に北城内の西ノ門館で行われ、総事業費は5千万円。国、県、市と大石町が負担した。

29年ぶりに総塗替え完成「鳳凰丸」
29年ぶりに総塗替え完成「鳳凰丸」

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
新聞折込広告集合チラシのお申込み・お問い合わせ
お気軽にお問い合わせ下さい

唐津の新鮮な情報満載!
びびっと!来たら、びびっと!いってみよう(^.^)/


初くんち奉告祭 囃子が奉納される 

初くんち奉告祭 囃子が奉納される


唐津くんちの行事の一つ「初くんち奉告祭」が10月9日唐津神社で開催された。
昨年は台風24号の接近で開催が心配されたが、今年は天候の心配もなく夕方から多くの人出となった。
神事には曳山取締会や14の各町内関係者が集まり、くんち行事の安全を祈願した。
その後、曳山囃子保存会の囃子の奉納を皮切りに、材木町から順に14の町がそれぞれ囃子の奉納(今年は中町が当番町)を行った。また、境内ではそれぞれの町内が陣取り、酒を酌み交わし、囃子奉納を祝った。

初くんち奉告祭 囃子が奉納される

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
新聞折込広告集合チラシのお申込み・お問い合わせ
お気軽にお問い合わせ下さい

唐津の新鮮な情報満載!
びびっと!来たら、びびっと!いってみよう(^.^)/

囃子練習が始まる いよいよ唐津くんちへ 

囃子練習が始まる いよいよ唐津くんちへ


 10月に入って市内の旧城下町の曳山のある十四ヶ町の街角で、賑やかなくんち囃子の練習が始まった。この囃子の練習が始まると、唐津の町は「いよいよ唐津くんちがちかまってきたな」と子供たちを中心に胸が躍る。笛・鐘・太鼓の音が町中に響きわたりくんちモードへと突入する。
 各町内によって期間や時間などは多少異なるが、子供たちは大人たちが見守る中、練習を続け、また集会所などではくんちに向けて采配作りや備品の整備などが行われる。
なお、唐津くんちは11月2日宵山・3日お旅所巡行・4日町廻りの日程で開催される。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
新聞折込広告集合チラシのお申込み・お問い合わせ
お気軽にお問い合わせ下さい

唐津の新鮮な情報満載!
びびっと!来たら、びびっと!いってみよう(^.^)/