佐賀県唐津市の「唐津新聞社」より唐津ニュース速報!

機能回復を目指して波戸で心理リハビリキャンプ 

波戸で心理リハビリキャンプvvvv


脳性まひなどが原因で手や足などに障害持つ子供や大人が、機能回復を目指して訓練する「心理リハビリテーションキャンプ」が8月17日から鎮西町の波戸岬少年自然の家で6日間の日程で行われ、小学生から大人まで16人とその保護者が参加した。
 障害者の保護者でつくる佐賀県若楠ふたばの会(宮崎里奈会長)と県肢体不自由児協会が毎年開催しているもので、今年で42回目のリハビリキャンプとなった。
今回も6日間の日程で行われ保護者とともに家庭での訓練のあり方を探っている。初日に個別の診断が行われ、独自のトレーニングメニューを作成。トレーニングは1日数回行われ、立ち上がったまま姿勢を保つ練習や、腰を伸ばす運動などにトレーナーとのマンツーマンで臨んでいた。トレーニングの合間には夏祭りなどレクレーションも行われ、終始和やかな雰囲気で進み、保護者同士の情報交換も行われた。

波戸で心理リハビリキャンプ
波戸で心理リハビリキャンプ

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
新聞折込広告集合チラシのお申込み・お問い合わせ
お気軽にお問い合わせ下さい

唐津の新鮮な情報満載!
びびっと!来たら、びびっと!いってみよう(^.^)/


カレーの王者決定戦2016 宮島醤油が2年ぶり2度目! 

カレーの王者決定戦2016


8月7日(日)ふるさと会館アルピノにて「第5回カレーの王者決定戦2016」が開催された。今年からカレーの王者決定戦実行委員会が主催しており、唐津の4団体が力を合わせ運営した。
このイベントは、佐賀県内の15店舗のカレーが集結しその中から王者を決定するというもの。1枚のチケットにつき5店舗のカレーが食べられるが中には3枚チケットを買い全店舗制覇する人もいた。
審査方法はカレーを食べたスプーンを投票箱にいれるユニークなシステム。
老若男女問わず人が集まり、午前11時の開催前からカレーを求める客で列ができ、お目当ての店舗へと足を運んだ。
今年王者になったのは昨年2位だった「宮島醤油株式会社(唐津市)」。昨年の悔しさをバネにリベンジを果たした。2位は「イエローキッチン(唐津市)」、3位が「焼肉おおきに(唐津市)」と初参加の2組が2位と3位に輝いた。
また、会場の中庭ではブルーリバーの川原さんが司会を務めラムネのはや飲みやALLOUTパフォーマンスをより一層盛り上げた。


カレーの王者決定戦2016
カレーの王者決定戦2016
カレーの王者決定戦2016

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
新聞折込広告集合チラシのお申込み・お問い合わせ
お気軽にお問い合わせ下さい

唐津の新鮮な情報満載!
びびっと!来たら、びびっと!いってみよう(^.^)/

海で遊ぼう!海辺の祭典 キャッスルベイで西の浜賑わう! 

海辺の祭典 キャッスルベイ


 今年も「キャッスルベイ2016海辺の祭典」が8月7日、唐津市の西の浜海水浴場をメイン会場に開催された。
 このイベントは、唐津みなとまちづくり懇話会と元気再生事業実行委員会が毎年主催し開催されている。
 体験型として行われたのは、湾内クルーズ・バナナボート・カナディアンカヌー・屋形船・無人島探検などで、いずれもワンコイン500円で体験できる。通常このマリンスポーツを体験すると、とてもワンコインで楽しむ事は難しく、この日は市内外、県外からも
多くの市民や観光客で終日賑わいを見せていた。ステージでは多数のミュージシャンが出演する生ライブやフラダンスの披露も。午後多少風が出てきたが、終日天候に恵まれ小さな子供たちから大人までマリンスポーツと砂浜でのイベントを楽しんだ。
 
海辺の祭典 キャッスルベイ
海辺の祭典 キャッスルベイ
海辺の祭典 キャッスルベイ
海辺の祭典 キャッスルベイ

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
新聞折込広告集合チラシのお申込み・お問い合わせ
お気軽にお問い合わせ下さい

唐津の新鮮な情報満載!
びびっと!来たら、びびっと!いってみよう(^.^)/

飛び込みやビーチフラッグス 西ノ浜 はままつり 

西ノ浜 はままつり

海辺や砂浜での遊びを楽しんでもらおうと昨年から開催されている「はままつり」が8月6日唐津市北城内の西の浜で開催され、多くの子供たちで賑わいをみせた。
 このイベントは、唐津市教育委員会の後援を受けて同実行委員会が主催しているもので、子供たちの砂浜や海遊び離れを懸念し、楽しい海辺の体験をしてもらおうと開催されている。
参加した子供たちはそれぞれのチームに編成され、船からの飛び込み大会、ビーチフラッグス大会、綱引き、トウモロコシの早食いなどに参加。仲間と協力し合い真剣に取り組みながらも終日砂浜での競技や海水浴などを楽しんだ。

西ノ浜 はままつり
西ノ浜 はままつり

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
新聞折込広告集合チラシのお申込み・お問い合わせ
お気軽にお問い合わせ下さい

唐津の新鮮な情報満載!
びびっと!来たら、びびっと!いってみよう(^.^)/

時の太鼓周辺を清掃活動 城内観光商工振興会と早稲田野球部が 

時の太鼓周辺を清掃活動


厳しい暑さのなか城内観光商工振興会(東島吉隆会長・41社)が唐津市北城内の時の太鼓周辺の清掃活動を行った。この会は、城内地区で主に活動を行っており、これまで早稲田佐賀中学・高等学校の周辺や唐津神社の清掃活動、歴史講演会、城内夏祭り総踊り大会等を行ってきた。
本年度は様々な事業の他、年間4回の清掃活動を計画しており、この日は今年1回目で、
場所も毎回変え各地域で活動を行っている。
朝8時からの清掃活動には会員およそ20名の他、地域に唯一立地する早稲田佐賀高校から野球部も参加があり、和やかな中およそ1時間汗を流した。

時の太鼓周辺を清掃活動
時の太鼓周辺を清掃活動


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
新聞折込広告集合チラシのお申込み・お問い合わせ
お気軽にお問い合わせ下さい

唐津の新鮮な情報満載!
びびっと!来たら、びびっと!いってみよう(^.^)/

小隊訓練やポンプ操法 唐津市消防団唐津支団 消防操法大会 

唐津市消防団唐津支団 消防操法大会


 平成28年度の唐津市消防団唐津支団の消防操法大会が7月17日松浦川運動広場で行われ、各分団が日頃の訓練の成果を発揮した。この日は朝から晴天に恵まれ、支団本部の他14の分団が参加。来賓の挨拶の後、通常点検、小隊訓練、ポンプ操法などが行われ、機敏でかつ素早い行動に見学や応援に駆け付けた人たちに感動を与えた。


唐津市消防団唐津支団 消防操法大会
唐津市消防団唐津支団 消防操法大会

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
新聞折込広告集合チラシのお申込み・お問い合わせ
お気軽にお問い合わせ下さい

唐津の新鮮な情報満載!
びびっと!来たら、びびっと!いってみよう(^.^)/

唐津湾にイカダが大集合 

唐津湾にイカダが大集合


第34回唐津湾イカダ大会が7月31日唐津市の西の浜海水浴場で今年も盛大に開催された。この大会は「唐津湾イカダと市民の会」が毎年開催しているもので今年で34回目。
昨年は台風の影響で1週間延期されたが、今年は朝から晴天に恵まれ企業や親睦団体などのイカダが登場し、それぞれの思考を凝らしたイカダで大会に臨んだ。
イカダは優勝を狙うタイム重視のものやまた、コスチュームやユニークな姿のイカダで楽しむものなど様々で、唐津の夏の海を終日楽しんだ。



唐津湾にイカダが大集合
唐津湾にイカダが大集合

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
新聞折込広告集合チラシのお申込み・お問い合わせ
お気軽にお問い合わせ下さい

唐津の新鮮な情報満載!
びびっと!来たら、びびっと!いってみよう(^.^)/

からつ土曜夜市が盛大に開幕! 

からつ土曜夜市が盛大に開幕!


唐津に本格的な夏の訪れを告げる夜まつり「からつ土曜夜市」が7月23日から始まり、小さな子ども達を連れた家族や、浴衣姿の女性たち、また観光客らもくりだして賑わった。
 初日のこの日は天候にも恵まれ、市内の企業や幼稚園、まちづくり団体など約300人のオープニングパレードでスタート。夜市の開幕を告げる役員や毎年登場する段ボールで作成された黒獅子を先頭にうちわや風船も配られ、それぞれの団体がPRをかねて中町、京町、呉服町を練り歩き、華やかに夏の風物詩の開幕を祝った。
 会場ではワゴンセールや出店に子どもから大人までのひとだかりができ、夜市の初日を楽しんだ。
 なお今年の夜市は合計4回、最終日はお盆の13日まで開催される。
 

からつ土曜夜市が盛大に開幕!
からつ土曜夜市が盛大に開幕!
からつ土曜夜市が盛大に開幕!

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
新聞折込広告集合チラシのお申込み・お問い合わせ
お気軽にお問い合わせ下さい

唐津の新鮮な情報満載!
びびっと!来たら、びびっと!いってみよう(^.^)/

夜明けの散歩 感動の朝日を山頂から 

夜明けの散歩 感動の朝日を山頂から


7月23日(土)一般社団法人唐津青年会議所(森晋作理事長)主催の第14回夜明けの散歩2016〜シェア!誇りと感動の朝日〜が開催された。
相知交流センターから鏡山山頂までの約19kmを小学生から高校生までの約200名がそれぞれ班に分かれて大人と一緒に歩いた。
23日の20時30分に相知交流センターを出発し、翌朝5時に鏡山山頂に到着した。
最初は元気よく歩いていた子供たちだがだんだん口数が減り疲れが見え始めたが、第3休憩所で振る舞われたカレーやかき氷で元気を取り戻し、鏡山に向けて英気を養った。
鏡山に入ると今までの疲労と睡魔、続く坂道に参加者のペースも落ち笑顔が少なくなっていたが、あと少しという想いで登りきり、ここでのリタイアは1人もでなかった。
班長である中・高学生が小さい子を励ましながら歩き、絆を深め、新しくできた仲間とともに懸命に山頂を目指し一緒に朝日をシェアした。


夜明けの散歩 感動の朝日を山頂から
夜明けの散歩 感動の朝日を山頂から
夜明けの散歩 感動の朝日を山頂から

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
新聞折込広告集合チラシのお申込み・お問い合わせ
お気軽にお問い合わせ下さい

唐津の新鮮な情報満載!
びびっと!来たら、びびっと!いってみよう(^.^)/


新たに1台を導入 青バイ隊に水上バイク4台目 

新たに1台を導入 青バイ隊に水上バイク4台目


海水浴や海のレジャーが盛んになる中、海の安全を守るために今年も青バイ隊が活躍する。その中、この度佐賀県水難救済会(会長・坂井俊之唐津市長)が唐津市二多子のシーレスキュー救難所に新たに水上バイク1台を配備し、青バイ隊が利活用する。
 現在青バイ隊が利用しているのは3台で、この度の配備で合計4台。これまで以上の海上パトロールや救助活動が期待される。
この「唐津湾マリン青バイ隊」は、特定非営利活動法人唐津湾小型船安全協会(丹野寛親理事長)が海水浴はもちろん、プレジャーボート、水上バイクの安全運航や環境保全、水難救助を目的として発足。第7管区内に平成17年以降NPOや任意団体として複数が発足し活動している。
 今後は4台体制で金、土、日曜日に隊員が交代にてパトロールを行う予定。(10時~16時)警戒地域は浜崎海岸から相賀の浜までの5つの海水浴場が中心で広範囲となっている。
最近では消防署と合同で訓練も行われており、更に警備体制が強化されている。
 なお、唐津湾マリン青バイ隊の発足は県内では2番目で全国でも8番目の発足。


新たに1台を導入 青バイ隊に水上バイク4台目
新たに1台を導入 青バイ隊に水上バイク4台目
新たに1台を導入 青バイ隊に水上バイク4台目
新たに1台を導入 青バイ隊に水上バイク4台目


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
新聞折込広告集合チラシのお申込み・お問い合わせ
お気軽にお問い合わせ下さい

唐津の新鮮な情報満載!
びびっと!来たら、びびっと!いってみよう(^.^)/