佐賀県唐津市の「唐津新聞社」より唐津ニュース速報!

賑やかに産業文化祭 

賑やかに産業文化祭



11月23日、今回で30回目となる鏡校区の産業文化祭が鏡神社前の広場で開催され、農産物の販売やバザー、鍋物や焼き鳥などの模擬店が立ち並ぶ中、多くの市民が来場して秋の休日を楽しんだ。
広場では幼児のダンスや体操の演技、子ども綱引き、鏡山小ヨサコイソーラン、鏡中ブラスバンド演奏、鏡くんち囃子、餅まきなどのイベントが次々に行われると、ときおり雨がふる生憎の天候にも拘わらず黒山の人だかりとなった。また古代の森会館では地区の住民製作の様々な作品展示や、カラオケ、踊りなどの出し物も披露されていた。


賑やかに産業文化祭
賑やかに産業文化祭
賑やかに産業文化祭

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
新聞折込広告集合チラシのお申込み・お問い合わせ
お気軽にお問い合わせ下さい

唐津の新鮮な情報満載!
びびっと!来たら、びびっと!いってみよう(^.^)/


晴天で51万人の人出 唐津くんちが盛大に 

晴天で51万人の人出 唐津くんちが盛大に

国の重要無形民族文化財「唐津くんち」が今年も11月2日から4日までの3日間盛大に開催され、唐津の町は祭り一色となり、大いに賑わった。
二日の宵山では各町(十四台)の曳山に提灯が飾り付けられ午後七時半から勇壮な曳山が町中を練り歩いた。今年の宵山も昨年同様気温は低くなく、子供達も大きな掛け声をかけるなど、元気にくんちに参加した。
唐津くんちのメインである三日も朝から天気に恵まれ御旅所へと巡行。晴天のもと御旅所への曳きこみにも一層力が入り、午後1時頃には御旅所前に13台の曳山が勢ぞろいした。また、台車の調整を行っていた七宝丸(江川町)も曳出しには間に合い、その姿に珠取獅子(京町)や鯱(水主町)が歓迎の囃子で迎える場面もあり、観ている観光客に感動を与えた。
最終日の四日も晴天のもと町廻りが行われ、正午には、唐津駅前通りに十四台の曳山が勢ぞろいし、多くの見物客が普段近くで見られない曳山に近づき写真撮影をするなど祭りを楽しんだ。その後午後2時半に曳き出しが行なわれ、夕方5時頃には唐津神社横の曳山展示場へ全て納められ、祭りの終わりを惜しむ中、祭りの無事を喜んだ。
なお、今年の人出は三日間の晴天に恵まれ昨年よりも1万人多い51万人となった。

晴天で51万人の人出 唐津くんちが盛大に
晴天で51万人の人出 唐津くんちが盛大に
晴天で51万人の人出 唐津くんちが盛大に
晴天で51万人の人出 唐津くんちが盛大に
晴天で51万人の人出 唐津くんちが盛大に
晴天で51万人の人出 唐津くんちが盛大に
晴天で51万人の人出 唐津くんちが盛大に
晴天で51万人の人出 唐津くんちが盛大に
晴天で51万人の人出 唐津くんちが盛大に
晴天で51万人の人出 唐津くんちが盛大に
晴天で51万人の人出 唐津くんちが盛大に
晴天で51万人の人出 唐津くんちが盛大に
晴天で51万人の人出 唐津くんちが盛大に
晴天で51万人の人出 唐津くんちが盛大に
晴天で51万人の人出 唐津くんちが盛大に
晴天で51万人の人出 唐津くんちが盛大に
晴天で51万人の人出 唐津くんちが盛大に
晴天で51万人の人出 唐津くんちが盛大に
晴天で51万人の人出 唐津くんちが盛大に

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
新聞折込広告集合チラシのお申込み・お問い合わせ
お気軽にお問い合わせ下さい

唐津の新鮮な情報満載!
びびっと!来たら、びびっと!いってみよう(^.^)/



30年ぶりに塗り替え 七宝丸が威勢よく巡行 

七宝丸30年ぶりに塗り替え


 唐津くんちの14番曳山「七宝丸」(江川町)がこの度30年ぶりに総塗り替えされ、市民にお披露目された。明治9年に制作された七宝丸は今回の塗り替えで4回目。制作当時の姿に限りなく近づけ様と蕨糊(あわびのり)を使用したり、船尾などの絵柄も忠実に再現された。
 この日ふるさと会館アルピノで修復落成を祝う祝賀会が行われ、14ヶ町の曳山関係者や修復に携わった関係者などと共に喜びを分かち合った。
 この後七宝丸は地元江川町まで巡行し、町民にその勇壮な姿をお披露目した。

七宝丸30年ぶりに塗り替え

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
新聞折込広告集合チラシのお申込み・お問い合わせ
お気軽にお問い合わせ下さい

唐津の新鮮な情報満載!
びびっと!来たら、びびっと!いってみよう(^.^)/

いよいよ唐津くんち 唐津神社で本殿祭 

いよいよ唐津くんち 唐津神社で本殿祭v


唐津神社の秋季例大祭「唐津くんち」の本殿祭が10月29日、唐津神社で行われた。氏子総代や唐津曳山取締会、行政などから参列し、くんち期間の盛会と安全を祈願した。
 唐津くんちは以前、毎年10月29日、30日の二日間行われていたが、観光客誘致などのため1968年から「文化の日」を挟んだ11月2・3・4日に変更された。しかし、本殿祭だけは、この日を忘れることがないようにと当時の日程で行われている。
神事では、神輿とともに参列者がおはらいを受け、代表者が順に玉串を捧げた。
またこの日早朝より、今年のくんち総行事を担当する町内の氏子の手によって、一ノ宮・二ノ宮の二台の神輿が1年ぶりに、境内の倉庫から慎重に運び出された。すすを払い飾りを施し本殿に鎮座。くんち本番の3日には、14台の曳山を従えて、この二台の神輿がお旅所まで御幸される。

いよいよ唐津くんち 唐津神社で本殿祭

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
新聞折込広告集合チラシのお申込み・お問い合わせ
お気軽にお問い合わせ下さい

唐津の新鮮な情報満載!
びびっと!来たら、びびっと!いってみよう(^.^)/