FC2ブログ

親子でオリジナル作品 

親子でオリジナル作品
2007/07/26


親子で作ろう 「夏休み手作り教室」 がこのほど、 唐津市二タ子の市浄水センターで行われた。 5歳~小学生の親子40組が参加。 様々な形の木製パーツを組み合わせながら、 親子でオリジナルの作品を完成させた。




7.26tedukuri.jpg

夏休みの親子の思い出作りと市の下水道のPRを目的に毎年開いているもので7年目。 昨年はソーラー付きモーターカーを作るなど、 毎年親子で工夫しながら楽しく取り組めるものを用意しており、 今年は穴のあいた板や輪っか、 ボルトなどを組み合わせて飛行機や車、 動物などをつくる 「木製メカキット」 を準備。 どの親子も 「どんなものを作ろうか」 と目を輝かせた。

下水道維持課の井上正剛課長から参加した父母らに、 下水に油や布を流さないことや下水への加入など協力の呼びかけがあったあと、 子どもたちはさっそく工作を開始。 隣りに座った父母や祖父母らに作り方を相談したり、 しっかりと輪っかをはめてもらったりと智恵を出し合い、 力を貸してもらいながら、 にこやかに賑やかに思い思いの形にキットを組み立てていた。

近くから母親と参加した佐志小4年の鳥越涼平くん (9) は戦車に挑戦。 「キャタピラがよくできた。 上の胴体部も動くように工夫した」 と満足そう。 玄海町から参加した牟形小3年の中村匠くん (8) は、 手足がうまく動き、 ツノがついた個性的なロボットを作った。 一緒に参加した父親の大造さん (39) は 「仕事が忙しく、 なかなか一緒にものを作ったりという機会がない。 参加してよかった」 と話し、 「もう少し飾りをつけてみよう」 とアドバイスしていた。



■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
購読のお申込み・広告掲載のお問い合わせ
お気軽にお問い合わせ下さい

唐津の新鮮な情報満載!
びびっと!来たら、びびっと!いってみよう(^.^)/


トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://karatsushinbun.blog100.fc2.com/tb.php/101-1282161d