FC2ブログ

佐賀に君色の風が吹く 

佐賀に君色の風が吹く
2007/07/29

全国高校総合体育大会 「2007青春・佐賀総体」 の開会式が28日午前、 佐賀市の県総合運動場陸上競技場で行われた。 明日29日から8月20日までの24日間、 全国から集まった精鋭アスリート約2万7000人による日本一の座をかけた熱き戦いが、 県内各地で繰り広げられる。

soutai.jpg

総合開会式には選手や役員、 一般観覧者など1万2000人が参加した。 郷土の魅力や地元高校生の声を紹介するビデオ上映のあと、 マーチング隊の演奏で華々しく幕開け。 引き続き選手団の入場があり、 北海道、 青森と北から順に47都道府県代表団が競技場入り。 郷土のシンボルをあしらった小旗やうちわ、 県の花などを振りながらの堂々の入場行進で、 それぞれに古里をアピール。 佐賀県選手団の約130人は最後に登場し白と赤のユニホーム姿ではつらつとした行進を見せた。

坂田敬一大会会長は 「全国に夢と感動を与えられる大会になることを祈ります」 とあいさつ。 古川康県知事は 「県民を代表して心から歓迎し感謝します。 今大会では選手以外にも、 多くの高校生が運営に参加してくれました。 選手たちはそれぞれベストを尽くして、 君だけの心のメダルを目指してください」、 生徒代表の野中志保さん (伊万里3年) は 「佐賀の地で自分らしい、 さわやかな風を吹かせてください」 とそれぞれ歓迎のことばを述べた。 このあと皇太子さまは 「力と技を十分に発揮し、 お互いに友情を育むとともに地元の方々との交流を深め、 高校生活の素晴らしい思い出をつくってください」 とエールを送られた。

選手宣誓は高木祐輔さん (龍谷3年) と園田尚子さん (致遠館3年) が務め 「勝利を目指す熱い気持ちを風に変え、 信じあった仲間たちと応援してくださる皆さんに届けることができるよう、 正々堂々と力の限り競技します」 と力強く宣言した。

このあとアトラクションでグラウンドで公開演技があった。 「佐賀の風」 をメーンテーマにした3部構成で、 吉野ケ里やバルーンをイメージした創作ダンスやリズムダンスが披露され、 会場の熱気は最高潮に達した。

マーチング演奏も公開演技もアナウンスも、 役目を果たしたのは県内の高校生。 選手以外の生徒たちも参加するという 「一人一役活動」 に基づくもので、 エネルギッシュで手作りの温かみがある式典となった。 一方の選手たちは磨き抜いてきた力と技をすべて出し切ろうと、 仲間同士で健闘を誓い合っていた。

あすから県内各地の競技場で29競技32種目がスタートする。 県選手団は全競技に約1000人がエントリーしている。 注目は全国トップレベルの実力を持つ新体操男子の神埼清明、 2連覇を目指すソフトボールの佐賀女子など。 昨夏の総体で準優勝を果たしたアーチェリー男子の厳木、 ヨットの唐津西など地元勢の活躍からも目が離せない。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
購読のお申込み・広告掲載のお問い合わせ
お気軽にお問い合わせ下さい

唐津の新鮮な情報満載!
びびっと!来たら、びびっと!いってみよう(^.^)/


トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://karatsushinbun.blog100.fc2.com/tb.php/103-eb9fe4d0