FC2ブログ

保守王国・佐賀にも新風吹く 

保守王国・佐賀にも新風吹く
2007/07/30


大きな政治の風が吹いて自民党が大敗、 民主党が大躍進した。 第21回参議院選挙は29日投開票、 121議席が改選され、 民主党が60議席を獲得して非改選とあわせて109議席となり参院の第1党に躍り出た。 逆に自民党は37議席と大敗北を喫した。 社保庁の年金記録不備問題ほか、 閣僚の相次ぐ事務所経費不明朗問題や、 閣僚の失言などまさに安倍政権へ台風並みの逆風のなかでの選挙、 国民の意思は自公から民主へ大きな期待を寄せたと言えよう。

自民党から民主への逆風を象徴したのが全国29の1人区。 自民は6勝23敗と大きく負け越した。 戦後ながらくほとんどの議席を独占してきた保守王国とされた地区でも続々と異変が起きて、 民主や反自民勢力が当選。 佐賀県でも1959年以来、 初めて自民以外の候補者が当選した。

 

佐賀県では自民党前議員が佐賀商工共済問題で直前になって候補の差し替え、 長崎整備新幹線問題では地元が反対などのさらなる逆風の中、 民主新人の川崎稔氏 (46) と急遽立候補した前副知事で自民新人の川上義幸氏 (52) が激しく競り合った。 当初、 早くから立候補した川崎氏が有利な戦いを進めたが、 危機感を強めた自民党は安倍首相や麻生外相、 中川幹事長など大物が次々に佐賀入りして後半、 川上氏が激しく追い上げたが、 結果はわずかに及ばなかった。
 
佐賀商工共済問題や、 年金記録不備だけの問題ではなく、 景気回復の風が一向に見えない商工業者、 また集団営農など大規模化を進める政府の農政、 燃料高騰と漁獲の激減に悩む漁業など進む経済の地域間格差にも、 地方の不満はたまっていたようだ。 県議選では圧倒的な自民党候補への支持を見せた玄海町でも、 自民の川上氏が抑えたものの、 民主・川崎氏票は大きく伸びた。
 
今回の選挙結果は年金記録不備を国会で追及した民主の得点もあるとはいえ、 閣僚の失言や不明朗会計、 小泉・安倍政権が進めてきた経済回復の中で広がる地域間や労働格差拡大など自民党の敵失やカバーし切れなかったところによる部分から民主への風が吹いた側面が大きい。 前回の衆議院選挙では、 郵政改革に的を絞って 「改革か反対」 かと問いかけて圧勝した自民。 そして今回は民主の大勝。 いずれも圧倒的な大風が吹いた。 第1党、 衆議院は自民、 参議院は民主。 二大政党時代がいま幕を開けた。 衆参の正反対となるねじれ現象のなかで、 国政は2大政党の対峙で立ち止まってしまうのか、 国民の期待に応え切磋琢磨して新しい時代を切り開けるのか。 投票率はともかく、 組織票ではなく有権者個々が自らの考えと選択で、 政治を選ぶ時代が定着した。



■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
購読のお申込み・広告掲載のお問い合わせ
お気軽にお問い合わせ下さい

唐津の新鮮な情報満載!
びびっと!来たら、びびっと!いってみよう(^.^)/


トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://karatsushinbun.blog100.fc2.com/tb.php/104-e3639f80