FC2ブログ

にぎわう墓参や買い物客 

にぎわう墓参や買い物客
2007/08/13


13日は旧盆入りで唐津市内は都会からの帰省客も増えて、 墓参や行楽、 買い物などさまざまなところでにぎわいを見せている。

唐津市内の各お寺や墓所などでは朝から家族連れの墓参客が繰り出した。 このうち大平山の市墓地公園では、 三々五々に新しい花やシバなどを持って人々が訪れて、 墓石に水をかけて清め、 また花入れから古くなった花を取り替えたりしたあと、 墓に手を合わせて亡くなった人をしのんでいた。 小さな子供連れの墓参客も多く、 子供たちも父母や祖父母に習って小さな手を合わせて先祖の冥福を祈っていた。 このほか各お寺では朝のうちから合同の盆供養をするところも多く、 朝早くから遺族らが寺を訪れて、 境内に読経と木魚の音が響いた。


 
hakamairi.jpg

また、 お盆用品を買い求めたり、 遠方からの帰省客をもてなそうと食材を用意するため、 市内の大型小売店などにも買い物客が詰めかけて、 売り場には精霊コモや仏前に備える切花、 砂糖菓子や果物、 精進料理の詰め合わせパック、 里帰りした子供や孫に心づくしの手料理をと食材やすし詰め合わせ、 オードブルなども山のように積み上げられ、 レジには長い行列ができていた。 一方、 中町通りにはいつもながらのリヤカーが出て、 切花や精進料理の野菜などを売っていたが、 あいにくの雨模様のせいか、 例年より人通りは少なかった。 また行楽客が期待された海水浴場だが、 人出はふるわなかった。 あす14日も晴れのち雨とぐずつきそうだ。




■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
購読のお申込み・広告掲載のお問い合わせ
お気軽にお問い合わせ下さい

唐津の新鮮な情報満載!
びびっと!来たら、びびっと!いってみよう(^.^)/


トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://karatsushinbun.blog100.fc2.com/tb.php/115-598be0b8