FC2ブログ

言葉を越えた友情を育む 

言葉を越えた友情を育む
2007/08/27


日本、 韓国で言葉を越えた友情を育む 「玄海人交流音楽祭」 が25日、 唐津市相知交流文化センター・文化ホール 「サライ」 であった。 地元相知町からは小学生合唱団やベテランのハーモニカ合奏団など、 また韓国からは、 北朝鮮七道に故郷を持ち望郷の思いや国家統一の願いを込めて活動してきた 「以北七道民連合合唱団」、 7年前から相知町でホームステイ交流を続けている 「韓国昌原YWCA少年少女合唱団」 など、 両国あわせて7団体が、 精一杯のステージを披露しながらお互いをたたえ、 出演者、 観客が一体となって親睦を深めた。



genkaiongaku.jpg

同音楽祭は 「知らせる努力・知る勇気」 を合言葉に日韓の正しい理解、 心の触れ合いを目指して草の根の交流活動を続けている有田町の日韓交流団体 「玄海人クラブ」 (兪・華濬=ユ・ファジュン=代表) が、 1998年から日韓両国で開催しているもので18回目。 相知町では昨年に続き2回目で、 同町が7年前から、 ホームステイに訪れる 「昌原YWCA少年少女合唱団」 と同町の小学生でつくる 「ひまわり合唱団」 との交流音楽会を行ってきている縁から昨年の同音楽祭の開催につながった。 今回の音楽祭ではやはり7年前から交流音楽会に出演を続けてきた相知ゴスペル同好会 「ワンボイス」 も浴衣姿で 「上を向いて歩こう」 などを英語で魂を込めて披露、 また和太鼓や琴の日本色豊かな演奏もあり、 会場を盛り上げた。

最後は、 「昌原YWCA少年少女合唱団」 と 「ひまわり合唱団」 が入り混じってステージに立ち、 一緒に韓国の民謡 「アリラン」 を大合唱。 そして観客も交えて韓国の 「故郷の春」 日本の 「ふるさと」 を歌い、 「それぞれのふるさとを大切にしながら、 日本人も韓国も人関係ない、 玄界灘を挟む玄海人として、 これからも真の交流を続けていこう」 という思いを新たにしていた。




■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
購読のお申込み・広告掲載のお問い合わせ
お気軽にお問い合わせ下さい

唐津の新鮮な情報満載!
びびっと!来たら、びびっと!いってみよう(^.^)/



トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://karatsushinbun.blog100.fc2.com/tb.php/126-6435e3bd