FC2ブログ

軟式野球オール佐賀 

第62回国民体育大会 (秋田わか杉国体) の軟式野球競技に出場するオール佐賀の監督と選手らが20日、 唐津市役所を訪れ、 坂井俊之市長にあいさつ、 励ましを受けた。



nansikiyakyuu.jpg

同チームは唐津市の松籟会と進藤病院の混成チームで、 このほど大分で行われた九州ミニ国体で見事優勝して出場権を得た。 九州大会はレベルが高く、 昨年優勝の大分は本国体を制するなどここ数年の九州のレベルは高い。 そのオール大分を九州大会決勝で10―7で破っての出場権だけに、 本国体での活躍が期待されている。

中山省二監督 (36) は、 県大会ではどうしても佐賀の壁を崩せなかったが、 唐津の強力チームが組めばなんとかなると混成チーム (松籟会7人・進藤病院8人) を組んだところ想像以上に強力になった。 九州大会で自信がついたと話す。 2枚看板の投手力と、 そつのない守備力、 九州大会では打線も爆発して攻撃力もアップした。 坂井市長は 「ぜひ好成績を期待しています」 と身を乗り出していた。

国体の軟式野球は、 30日から10月3日まで秋田県横田市で、 全国から予選を勝ち抜いた16チームが出場し、 トーナメントで覇を競う。 オール佐賀は、 初戦で山口県代表のオールやまぐちと対戦する。


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
購読のお申込み・広告掲載のお問い合わせ
お気軽にお問い合わせ下さい

唐津の新鮮な情報満載!
びびっと!来たら、びびっと!いってみよう(^.^)/



トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://karatsushinbun.blog100.fc2.com/tb.php/147-58191c70