FC2ブログ

地震や風水害等に備え 

唐津市はこのほど災害時要援護者避難支援計画をまとめた。 地震や風水害などの災害発生時に自力で避難することが困難な、 身体不自由者、 高齢者、 精神障害者などをスムーズに避難させるためのもので、 市がまとめて了解を受けた要援護者706人が対象。 県内の市町のうち同計画をまとめたのは初めてという。

市では安心安全のまちづくりの一環として昨年10月から策定に取り掛かったもので、 今年3~5月に駐在員などが約2700人をリストアップ、 さらに市保健福祉部の職員が直接調査し、 近くに適当な家族や同居者などがいない788人を要援護者としたが、 このうち82人は個人情報が警察や消防署などにも知られるのはいやなどの理由で辞退している。

避難の具体的なものは、 要援護者に対して責任を持って避難誘導できる近所の人を本人や家族の承諾をうけて2人確保、 またそれぞれの個別の避難ルートを定めたという。 市では、 さらにもれている要援護者、 また新しく要援護者になる人、 また世話人が替わることもあり、 データベース化して制度を補強していきたいとしている。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
購読のお申込み・広告掲載のお問い合わせ
お気軽にお問い合わせ下さい

唐津の新鮮な情報満載!
びびっと!来たら、びびっと!いってみよう(^.^)/

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://karatsushinbun.blog100.fc2.com/tb.php/148-fe6e0607