FC2ブログ

陸・海・空から大掛かりに 

陸・海・空から大掛かりに
2007/10/18

地震による石油コンビナートの事故や火災を想定した防災訓練が18日、 国の特別防災強化区域に指定されている唐津市西大島の 「全農エネルギー唐津石油基地」 一帯であった。 陸・海・空にわたって大掛かりな放水や人命救助などの訓練が行われ、 消防署員をはじめ約200人が臨んだ。

SEKIYU.jpg

訓練は県や市、 消防本部、 海上保安部、 企業など関係15機関からなる防災本部の主催。 石油コンビナート等災害防止法に基づき1977年から2年おきに、 西大島地区と同じく強化区域に指定されている九州電力唐津発電所一帯で実施している。 防災技術の向上と関係機関の相互協力体制の強化が狙い。

陸上の訓練では、 地震により軽油タンクの配管の一部に亀裂が発生し、 火災のおそれもあると想定。 消防団員らが土のうを積んで油の流出を防ぎ、 消防ポンプ車や高所放水車が出動してタンクなどに向けて放水。 このほか防災作業中に負傷した人の応急処置と救急搬送、 基地の周辺住民への避難広報などの訓練が本番さながらに行われた。

一方、 海上訓練ではタンカー火災が起きたとの想定で、 まず自衛隊のヘリコプターが上空から被害状況を確認。 重油の流出を防ぐためのオイルフェンスを海上に張り、 巡視艇と岸壁から一斉放水、 ヘリが海中転落者をロープで吊り上げて救助した。

訓練終了後、 統監を務めた中野哲太郎・県危機管理報道監は 「コンビナート火災はいったん起きれば重大な事故につながる。 地域住民の安全・安心を確保するため、 今後とも防災計画に基づき、 体制の充実と関係機関の連携強化に努めてほしい」 と参加者たちに呼びかけた。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
購読のお申込み・広告掲載のお問い合わせ
お気軽にお問い合わせ下さい

唐津の新鮮な情報満載!
びびっと!来たら、びびっと!いってみよう(^.^)/



トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://karatsushinbun.blog100.fc2.com/tb.php/170-55fc3da6