FC2ブログ

唐津東中で入学者募集説明会 

県立唐津東中でこのほど、 平成20年度入学者募集説明会があり、 唐津市内とその他旧郡部などの2回にわけて説明が行われ、 会場となった同中体育館は小学6年生とその保護者らで埋まった。 これまで行われていた 「抽選」 が廃止されるとあり、 児童、 保護者は新しい選抜方法の説明などに真剣に耳を傾けた。

senbatu.jpg

まず県教育委員会から 「抽選をなくし、 適性検査、 面接、 小学校からの調査書などで総合的に審査して合格者を決める」 と新しい県立中学校入学者選抜法についての説明があり、 井上洋校長が 「唐津東高に進むための中学校で、 6年間というスパンで教育をする。 先輩の1・2年生は、 勉強にスポーツにと何にでも頑張っている。 17日に学校開放を行うので足を運んで、 納得した上で選んでほしい」 とあいさつした。 このあと、 担当教諭が教育方針などを説明。 また、 やる気のある児童、 いろんなことに興味を持つ児童、 何かに一生懸命努力する児童、 友達と協力する児童、 自分で本校に来ることを選んだ児童など、 同中がのぞむ児童像の話もあり、 参加した6年生は目を輝かせながら聞いていた。 学校独自の検査としては、 集団面接と学校が示した課題についての作文とすることが話された。

17日 (土) の学校開放は午前8時35分から、 唐津東高、 唐津東中ともに実施される。 「新校舎での生徒のがんばりを見に来てほしい」 と広く参観を呼びかけている。 なお中学1年生は午後1時半から、 地域密着の 「オンリーワン事業」 として生徒が水産業、 林業、 醤油・味噌製造業の3つにわかれ体験学習、 研究を行ってきた成果の発表会が開かれる。

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://karatsushinbun.blog100.fc2.com/tb.php/185-49eae23c