FC2ブログ

原子力防災訓練実施 

原子力防災訓練実施
2007/11/26

 原発での放射能漏れ事故を想定した県の原子力防災訓練が25日、 玄海原子力発電所などで行われた。 周辺自治体、 原子力安全・保安院、 自衛隊、 海上保安庁など66機関から約2500人が参加し、 連絡や避難、 救助体制を整えた。
 
gensiryoku.jpg

「玄海原発4号機の設備の故障によって炉心が損傷し、 格納容器から放射性物質が発電所の周辺に放出するおそれがある」 との想定。 7月に新潟県中越沖地震により柏崎原発で火災が起きた際、 対応の遅れが問題になったのを受け、 同原発内では変圧器火災を想定しての消火訓練を初めて実施。 化学消防車も出動し、 本番さながらの消火活動を繰り広げた。
 また避難訓練では、 原発から半径10㌔県内の各地区から住民約300人が、 避難所の唐津市文化体育館に車両で次々と運ばれてきた。 医療班が機器を使って放射汚染の有無を一人ひとりチェック。 避難住民の中には車いすや移動式ベッドなどの利用者もいて、 支援の手順を再確認した。
 
このほか船舶を利用した海上からの住民避難訓練も初めて取り入れた。 現地対策拠点となる県オフサイトセンターなどでは情報収集と伝達の訓練もあった。
 
参加者からは 「事故が起きたとき、 観光客の避難誘導はどうするのか」、 また福祉施設関係者からは 「車いす利用者は実際はまだ多く、 訓練通りに全員を無事に運べるか心配」 などの声が聞かれた。 「今何が起きているのか広報不足で状況があまり把握できない。 これではパニックも広がる」 との指摘もあった。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
購読のお申込み・広告掲載のお問い合わせ
お気軽にお問い合わせ下さい

唐津の新鮮な情報満載!
びびっと!来たら、びびっと!いってみよう(^.^)/



トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://karatsushinbun.blog100.fc2.com/tb.php/201-a5789313