FC2ブログ

県新産業集積エリアに 

県新産業集積エリアに
2007/12/26

唐津市はこのほど、 県の新産業集積エリアにおける工業団地開発に同市厳木地区を申請した。 認定されれば県と市が費用を折半して工業団地の開発が始まる。

県では県内に大型工業団地が不足していることから、 県と市が共同整備方式で開発に取り組むことにしており、 先に整備された県内東地区 (鳥栖市) をのぞいた地区で有効面積20ヘクタール以上、 交通アクセスが良くて安価で開発が迅速に出来るなどの条件で、 新産業集積エリアの候補地を募っていた。 現在は、 唐津市のほか武雄市と有田町も申請している。


このうち唐津市では○石志工業団地 (約3・8ヘクタール) が今年7月に進出してすでに満杯となっており、 ほかに工業用地がないことから、 企業誘致には新たな適地が必要なこと○厳木地区には厳木バイパスがあり長崎自動車道の多久ICに近い○土地面積が45ヘクタール (有効利用面積35ヘクタール) が確保できそう○法規制の少なさなど早い造成が見込める○給水の確保など県が示す条件に合致している○自動車産業や半導体、 新エネルギー関連の起業からの問い合わせがある―などから名乗りを上げた。

認定されれば、 県が規制関係の調整、 国などとの協議、 現地測量、 基本設計などを行い、 市は地元調整、 用地買収、 造成工事などを行うもので、 費用は県と市がそれぞれ2分の1を負担する。 県では年内か来年1月まで近々には結論を出すことになっており、 認定されれば、 市は来年上半期までには、 そのうちの約10ヘクタールの造成を完成させたいとしている。



■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
購読のお申込み・広告掲載のお問い合わせ
お気軽にお問い合わせ下さい

唐津の新鮮な情報満載!
びびっと!来たら、びびっと!いってみよう(^.^)/


トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://karatsushinbun.blog100.fc2.com/tb.php/226-24d3802f