FC2ブログ

唐津-壱岐航路の落成式  

唐津-壱岐航路の落成式
2007/03/29

唐津―壱岐航路の 「唐津みなと交流センター」 と同航路に就航する九州郵船の新造船 「エメラルドからつ」 の落成・披露式典が29日あり、 関係者らが多数出席して祝った。

20070412063253.jpg

交流センターは、 唐津―壱岐航路のターミナルと地域の交流拠点となるもので市が建設。 敷地面積1079平方㍍、 鉄筋コンクリート3階建てで、 延べ面積は約800平方㍍。 1階がエントランスホールと事務所、 2階は電気室、 3階が交流ホールと売店、 休息室などとなっている。 総工費は2億6960万円。

神事のあとの落成式典では、 坂井俊之市長が 「海の玄関口でもあり地域再生の中心となるものと考えている。 周辺の整備も急ぎたい」 とあいさつ。 来賓の保利耕輔代議士も 「ここから大きな花が開き広がることを願っている」 と祝辞を述べた。 また長田徹壱岐市長も 「壱岐―唐津の観光交流を盛り上げ文化・経済でも相互発展を図りたい」 と話した。

続いて 「エメラルドからつ」 の披露式があり、 竹永健二郎九州郵船社長が 「安全航行を最優先に、 唐津と壱岐の活性化に寄与したい」 とあいさつした。

「エメラルドからつ」 は、 全長75・3㍍、 幅14・4㍍。 総トンは数984㌧。 乗客定員は椅子席が262席、 座敷席が88人分で計350人。 速度は時速17ノット (31㌔) また大型トラックで17台、 普通乗用車で46台が搭載できる。 片道100分で、 唐津東港と壱岐印通寺港を結ぶ。 1日約2時間ごとに5往復する。 旅客の片道料金は1850円 (消費税込み)。 4月1日の唐津始発午前8時40分の便の出港前にセレモニーが予定されている。

20070412063326.jpg


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
購読のお申込み・広告掲載のお問い合わせ
お気軽にお問い合わせ下さい

唐津の新鮮な情報満載!
びびっと!来たら、びびっと!いってみよう(^.^)/

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://karatsushinbun.blog100.fc2.com/tb.php/3-4da85da1