新たに1台を導入 青バイ隊に水上バイク4台目 

新たに1台を導入 青バイ隊に水上バイク4台目


海水浴や海のレジャーが盛んになる中、海の安全を守るために今年も青バイ隊が活躍する。その中、この度佐賀県水難救済会(会長・坂井俊之唐津市長)が唐津市二多子のシーレスキュー救難所に新たに水上バイク1台を配備し、青バイ隊が利活用する。
 現在青バイ隊が利用しているのは3台で、この度の配備で合計4台。これまで以上の海上パトロールや救助活動が期待される。
この「唐津湾マリン青バイ隊」は、特定非営利活動法人唐津湾小型船安全協会(丹野寛親理事長)が海水浴はもちろん、プレジャーボート、水上バイクの安全運航や環境保全、水難救助を目的として発足。第7管区内に平成17年以降NPOや任意団体として複数が発足し活動している。
 今後は4台体制で金、土、日曜日に隊員が交代にてパトロールを行う予定。(10時~16時)警戒地域は浜崎海岸から相賀の浜までの5つの海水浴場が中心で広範囲となっている。
最近では消防署と合同で訓練も行われており、更に警備体制が強化されている。
 なお、唐津湾マリン青バイ隊の発足は県内では2番目で全国でも8番目の発足。


新たに1台を導入 青バイ隊に水上バイク4台目
新たに1台を導入 青バイ隊に水上バイク4台目
新たに1台を導入 青バイ隊に水上バイク4台目
新たに1台を導入 青バイ隊に水上バイク4台目


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
新聞折込広告集合チラシのお申込み・お問い合わせ
お気軽にお問い合わせ下さい

唐津の新鮮な情報満載!
びびっと!来たら、びびっと!いってみよう(^.^)/