商売繁盛や家内安全求めて 二十日恵比須祭 

商売繁盛や家内安全求めて 二十日恵比須祭

 からつ二十日恵比須祭が十九日から、唐津神社境内で始まった。鳥居には二十日恵比須の提灯がにぎにぎしく飾られ、富くじや縁起物を売るテント、また、梅ヶ枝餅、焼き鳥の売店なども立ち並び、市民や近郷の人々が参拝した。
 天保年間(1830~1844)に始まったという刀町の恵比寿祭は、毎年順番に刀町の商人の家に祭られていて、年に一度公開されて祭りが引き継がれてきた。昭和46年からは大手口広場前で一般にも御開帳して祭りを盛り上げた。更に58年に唐津神社境内に恵比須社を建て奉安。翌59年から「からつ二十日恵比須祭」として、毎年1月19・20日に祭りを行い、市内や東松浦郡内の商工業者や関係者、一般住民なども多数参詣し、年々盛大になっている。
 20日は天候にも恵まれ、福笹や縁起物の熊手を買い求める商売人や、地域の人たちで賑わい、恒例のぜんざいも振る舞われた。

商売繁盛や家内安全求めて 二十日恵比須祭

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
新聞折込広告集合チラシのお申込み・お問い合わせ
お気軽にお問い合わせ下さい

唐津の新鮮な情報満載!
びびっと!来たら、びびっと!いってみよう(^.^)/