FC2ブログ

福は内!鬼は外! 恒例の節分祭に大勢の市民が駆けつける 

 「節分の日」の三日夕方、唐津神社(戸川忠俊宮司)で恒例の節分祭があり、今年の干支の年に産まれた年男・年女らが拝殿堂から福豆をまき、大勢の参拝者らが次々に豆や餅を拾った。節分祭では、年男・年女のほか、厄払い招福祈願、氏子代表などおよそ100人が拝殿でお払いを受けた。さらに拝殿堂の左右の空に向かって弓弦が放たれ、邪気を払う音を響かせてた。
 この後神前で玉串をささげて邪気と招福を祈願した年男と年女他特別祈願の人たちが拝殿から威勢よく福豆を撒いた。毎年女性と子ども達の参加が増えているが、特に最近では福豆を撒く姿の中に子ども達の姿が多く見られ、境内に集まっていた子ども達も知り合いの友達に声をかけるなど、今年も例年以上に盛り上がりを見せていた。
 境内には、飴玉やチョコレート、紅白餅などが入った福豆を拾おうと大勢の参拝者が大きく手を広げたり、持参した袋の口を開けて笑顔で餅を拾っていた。






■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

新聞折込広告集合チラシのお申込み・お問い合わせ
お気軽にお問い合わせ下さい

唐津の新鮮な情報満載!
びびっと!来たら、びびっと!いってみよう(^.^)/