建国の日に市民集う りふれで第56回唐津地区奉祝会 

 唐津地区建国記念奉祝式典が2月11日、唐津市高齢者ふれあい会館「りふれ」ホールであり、市民や関係者らおよそ二百人が出席して祝った。
唐津地区建国記念の日奉祝会が主催し毎年この日の開催されているもので、今年で56回目。数年前から式典の前に神事が行われるようになり、関係者らが玉串奉奠を行った。
式典では、出席者全員で国旗に正対し国歌斉唱を行い、続いて来賓らが挨拶。この後、出席者全員で紀元節の歌を合唱し、日の丸の旗を手に万歳三唱をした。
 式典の後は、歴史ナビゲーターの井上政典氏による「日本人は、なぜ神社が好きか」をテーマとする講演が行われ、出席者は熱心に耳を傾けていた。







■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

新聞折込広告集合チラシのお申込み・お問い合わせ
お気軽にお問い合わせ下さい

唐津の新鮮な情報満載!
びびっと!来たら、びびっと!いってみよう(^.^)/